スポンサーリンク

日焼け後のケア、うっかり日焼けしたらシミを残さないためのケア!

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

日焼けの後が大事!簡単で重要なケア!

気をつけていても、予定外に長い時間、うっかり日焼けしてしまうことが、誰でもあると思います。

 

日焼けでシミを残さないためには、日焼けした後のケアが重要です。

2種類の日焼けのパターンについて、以前書きましたが☟

サンバーン(赤い炎症)とサンタンの違い

日焼けしてしまった後のケアにつきまして、ポイントを書きますねー。

 

1.外出時は、日焼け止めとファンデーションで肌をしっかりガードすること。

素肌で外出することは避けて、パウダーファンデーションをつけることをおすすめします。

 

2.肌の新陳代謝を高め、表皮にあるメラニンの排出を促すためにマッサージやパックをすること。

 

マッサージなどでターンオーバーが正常になれば、洗顔やパック等により、古い角質が自然に剥がれていき、元の肌色に戻ることができます。

ターンオーバーが正常でなくなると、剥がれ落ちないメラニンが残り、シミとなって定着してしまいます。

 

3.美白化粧品の力を借り、今あるメラニンの還元と、これからできるメラニンの生成を抑えること。詳しくは、次の項目で。

 

美白化粧品、成分の役割

メラニンの還元は、酸化で黒くなったメラニンを元に還元すれば、メラニンの色が淡くなります。還元効果のある美白成分は、ビタミンC・プラセンタエキスなどです。

メラニンの生成を抑える方法は2つ

✤メラニンの化学合成を促進させる、チロシナーゼの生成、活性するのを抑えること。

 

✤「メラニンを作れー!」とメラノサイトに指令を出す伝達物質を、ブロックしてしまうこと。

美白をうたう化粧品には、ビタミンC・プラセンタエキスがほとんど配合されていますが、購入前に確認するようにしましょう。

コスメのボトルの成分表示に記載されています。上位(上から3段目以内)に表示されていればOKです。

 

日焼け後、3日目あたりから、皮膚は褐色になります。そしてその後、7日目にはハッキリとした色素沈着が現れます。つまり、この10日間でシミがつくられると思ってください。

 

この10日間は、新しいシミを作らないために、上記のケアを欠かさず行うことが大切です。

 

サンバーンは10日間勝負!

皮膚に、火傷をしたのと同じ状態です。

・先ず、皮膚を冷やします。

・マッサージをしたり、皮膚をコスルといった作業は絶対避けます。

・火傷状態で、熱をもち、皮膚の水分が失われている状態ですから、水分補給をします。

ほてりや、熱、赤みがなくなり、皮膚が落ち着いたら、先ずたっぷりの水分補給をすることから始めてください。たっぷりの化粧水と、たっぷりの水分補給ですね。

 

その後、マッサージやパックをしましょう。

年々、回復力も低下しますから、シミ・シワも定着しがちです。

 

1日も早くケアをし続けることで、光老化のダメージを遅くすることができます。

日焼け直後の10日間は、未来の肌のために・・・

私たちにも未来がある筈💦 あります!人生100年ですもの!

この10日間が勝負と言えます。

 

皮膚回復時の睡眠・食生活

その他、皮膚の回復に大切なこと

・サンバーンが起きた直後は、特に睡眠が大切です。

睡眠を十分にして、成長ホルモンの分泌を高めておくことが大事です。

 

・食生活では、皮膚の回復に欠かせないビタミン類(ビタミンA・B・C)を十分とるように心がけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました