スポンサーリンク

【白内障手術】瞳が綺麗になったー!繊維入りマスカラに注意!

白内障
スポンサーリンク

白内障手術後、濁りがとれて瞳がキレイになった!

歳をとるにつれ、自分の瞳が濁ってきていることを、自覚していませんでした。

ところが、白内障手術をしたら、瞳が綺麗になりましたーーー♪(^^♪

 

それで、あ、瞳が濁っていたんだ~と気がついたのです。

 

白内障手術をしてから、アイメイクをこれまでより控えめにするようになりました。

その理由は、白内障手術後、瞳がきれいに見えるようになったから。

術後、自宅に戻り、鏡を見た時、私はそう感じたのです。

 

これまで、眼に入りにくかった光が手術後は、十分入るようになったせいでしょうか?

 

たまたま、その後、自宅に来てくれた友人がスッピンの私を見て、

「あ、なんかキレイになったみたい!」と言うので、本当にそうかも~と!

眼がきれいに見えることで「キレイになった!」と感じたのだと思います。

 

白内障で水晶体の濁りを、超音波で吸い取り、新たになレンズを入替えたので、眼の中が、これまでよりきれいになったのかな~と

透明な瞳になったのかな~? これは私にとって有難い!うれしいことですねー♪

 

眼がキレイになるなんて、これはかなりメリット!

これだけでも、白内障手術をして良かったな~と思います。

アイメイクにエネルギー使わない

こんなことから、アイメイクをそれほど強調しなくてもいいかなーと思うようになりました。

 

線維入りマスカラ使わない!

私のアイメイクは、奥二重のまぶたにアイラインを入れて、その後マスカラにエネルギーを費やしていた感じですねー。

 

上まぶたのマスカラは、数回繰り返し丁寧に塗って一生懸命ボリュームを出していたのです。

 

特にまつ毛が長いわけでもなく、ボリュームがあるわけでもないので、仕事で出かける時など、”マスカラ命〟といった感じでした。

 

大したことないまつげが、本当にボリュームがあるように見えるのです。

というか、そう見えるようにマスカラを精一杯、重ね塗りしていました。

 

場合によっては、つけまつげをつける時もあります。

エクステは、グルーでまつ毛が痛むのでやりません。

 

それほど力を入れていたまつ毛ですが、もう力を抜いて、自然なまつ毛でいいかなーと。

 

特に繊維入りタイプのマスカラは、落とす時など繊維が目に入ることがあるので危険ですよねー

下瞼には繊維が入ることは、少ないので(ゼロではないですが)マスカラを塗るようにしています。

 

考えてみれば、シニアになって目力が弱くなったと思い、アイラインとマスカラには工夫を重ねてきました。

アイシャドーに力を入れるとケバイメイクになりがちなのでアイシャドーはピンクブラウンを塗る程度にしています。

 

アイラインで、瞳を強調する方法をとったりしながら顔にメリハリ、全体のハリ感を出すためにさまざまな工夫を重ねてきました。

 

しかし今、高齢者はメイクより、健康が大切!という思いが優先になり、目の健康を何より優先して考えるようになりました。目を大切にしたいと思うようになりました。

 

アイメイク、柔らかな雰囲気がいい!

もう、メイクを一生懸命頑張らなくていいや~

何となく、いい雰囲気の柔らかなアイメイクをするようになりました。

 

ちょっと、緩めの優しい目の印象でいこうかなと!

肌だけは、きちんとケアしておかなくちゃ!♪

 

目が疲れなくなって、瞳がきれいに見えるなんて思いがけず、これこそ白内障手術のギフトですねー♪(^^♪

タイトルとURLをコピーしました