スポンサーリンク

美白化粧品で日焼け防止はできるか?日焼け止めとどう違う?

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

目的が違う、美白化粧品と日焼止め

「美白化粧品を、毎日使っているから、特に日焼止めを使わなくても大丈夫でしょう?‼」

もし、そう思っていたら大変です!

日焼止め剤と美白化粧品は、全く別ものですので日焼け防止にはなりません。

日焼け止めの目的は、空から降り注ぐ紫外線の害を防ぐことです。

美白化粧品の目的は、できたシミ・ソバカスを薄くしたり、なくしたりすることを目的としてケアすることです。

日焼け止め成分

日焼け止め剤の成分には、紫外線吸収剤と紫外線乱反射剤との2種類があります。

✤紫外線吸収剤は、刺激がある

紫外線吸収剤は、肌の中に入り化学反応を起こすことで紫外線の害を防ごうというものです。

これは、化学反応を起こす過程に於いて、肌に刺激を与えるため、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

✤紫外線乱反射剤は、刺激はないが乾燥が

紫外線乱反射剤は、肌の上で物理的に反射し、跳ね返すことで紫外線の害を防ごうというものです。

これは、肌の中に入るわけではないので、肌には刺激もなくカブレを起こすことも少ないです。

ただ、酸化チタンなど金属の粉を含んでいるので、肌が多少乾きやすくなることがあります。

そのため、吸収剤と散乱剤、両方を上手く配合することで、刺激や乾燥問題を工夫している商品も多くあります。

✤成分配合の表示を確認してから

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めには、「ノンケミカル」とか「紫外線吸収剤フリー」という表示がありますので、肌が弱いと感じている時は、確認してから購入するようにしましょう。

SPFとは何?

何も塗らない状態と比べて、サンバーンを起こすまでの時間を、何倍にのばせるかの目安で使われる数値です。

(※ 紫外線を浴びて、肌が赤くなりヒリヒリする日焼けを、サンバーンと言う)

紫外線を浴びてサンバーンを起こすまでの時間は、20分程度と言われます。

SPF30と表示された日焼け止め剤を使った場合、その30倍、(20分×30倍=600分)のばせるという意味ですね。

但し、これはその商品に記載されている規定量を、塗った場合の数値です。使用量が少なければ、その半分、或いは3分の1の効果しか得られないのです。日焼けしたくないと思ったら規定量は大事です。

生活シーンで選ぶ紫外線数値の目安

SPF数値の高いものの方が、効果があると思い、必要以上に数値の高いものを使っている方がとても多いのですが・・・。

では、実際どのように数値を選べば良いのかを下記の図で示しました。

✤日常の買物などの外出:SPF-25/PA++

✤レジャーや屋外でのスポーツ:SPF-30/PA+++

✤リゾートやマリーンスポーツ:SPF-40/PA++++

 

SPF値の測定方法

SPFの測定は、太陽光と類似した光源を使って測定します。

皮膚に塗った皮膚と塗らなかった皮膚を、照射後16時間から24時間に皮膚の反応を観察し、赤くなった部位を見て、値を判定したものです。

実際には、肌にも個人差があり、汗でとれる場合がありますから、数値はあくまでも目安と考えましょう。汗をかいたら、再度塗りなおすことが必要です。

60歳 日焼止め、SPF/PA正しい理解 無理のない対策の提案

美白有効成分、薬事法の現状

薬事法で、有効成分が配合された医薬部外品であり、「メラニンを抑え、シミ、ソバカスを防ぐ」という表現、或いはこれに類似した効能を表示することが認められた成分
安全性と効果の観点から、配合する量も決められています。新たな成分を研究し、薬事の認可を取得するまでに約10年かかると言わるほどハードルが高い分野です。そのため、現在約20種類の成分が認可されているにすぎません。

厚生省が認めている美白有効成分

✤ ビタミンC誘導体:ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの

✤ アルブチン:コケモモから抽出された成分

✤ プラセンタエキス:豚の胎盤から抽出された成分

✤ コウジ酸:味噌・醤油などの製造過程でできるコウジ菌がつくりだす成分

✤ エラグ酸:ポリフェノールの一種

✤ リノール酸:紅花油などから抽出された成分

✤ ルシノール:モミの木に含まれる成分

✤ カモミラET:カモミラを原料とする成分

✤ トラネキサム酸:元々は抗炎症剤として使われていたものが、美白成分としても認められたもの

✤ 4MSK:サリチル酸の誘導体、角化異常に働く成分として開発された成分

✤マグノリグナン:ポリフェノールの一種

美白化粧品の選び方

美白化粧品には、上記のように医薬部外品の指定成分が、含まれているものとそうではないものがあります。

医薬部外品の方が効くかと言えば、そういうものでもありません。

美白成分は、開発中の成分もたくさんあり、その中から自分に合うものを探すということは、とても難しいことです。

成分もさることながら感触も大事です。自分の肌で試すのが一番です。

人の肌は、成分との相性がありますから、効果の出方も違います

美白成分の特徴 メラニン産生の抑制

美白剤は、シミの元である、メラニンの生産に関わる因子として、次の5つの因子にはたらきかけます。

  • チロシナーゼを、阻害する因子
  • チロシナーゼを、分解促進する因子
  • チロシナーゼを、成熟抑制する因子
  • メラノサイトを刺激、活性する因子に作用する美白剤
  • メラノソームの移送、排出にはたらく因子としての美白剤

メラニンは、チロシンから作られますが、その時にチロシナーゼという酵素が必要なのです。

チロシナーゼの活性を抑えることによって、メラニンを作ることができなくなれば、シミは薄れていきます。

シミを改善するために、チロシナーゼの活性を抑制する成分は、次々と開発されていますし、メラノサイトの活性を抑制する成分も、開発されてきています。

シミを改善するには、表皮のターンオーバーも大切なはたらきの一つです。

表皮のターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促すものも開発されています。

今、シミの発生メカニズムに関して、遺伝子レベルでも盛んに研究されていますので、

将来、新しいメカニズムでの美白剤が、開発され商品化される日も、遠い話ではないでしょう。

色白を好むアジア女性のために!

平安時代から女性は、「肌の色が白い」ということが美人の条件でした。

東南アジアでも美白ブームで、日本へ来て美白のコスメを爆買いする姿を見かけますよねー

シミもくすみもない、白い肌に憧れる女心は、今も昔も変わらないのですねー。

自分の肌の上で、自分に合う、日焼け止め剤を選び、自分の肌に合う美白化粧品を、是非見つけてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました