スポンサーリンク

身体のニオイがキツイ!更年期以降の強い体臭を消すのはスーパー食材

70歳の健康と暮らし
スポンサーリンク

更年期以降、きついニオイが発生しやすい

“体臭が強いのは男性だけー〟と思っていましたかー?

更年期以降は、女性でも体臭が強くなりがちなのです。

 

女性はホルモンの影響を受けやすいため、ホルモンが変わる40代以降から、体臭が出やすくなります。

 

でも、毎日の食べ物を見直すだけでキツ~イ、ニオイを解消できます。

 

生きている間、酸化しニオイを発生する!

皮脂腺から出る皮脂が酸化してニオイの原因をつくります。

活性酸素は、人間が生きている間、呼吸をする度に活性酸素を生みます。

 

生きている以上、身体は酸化して、ニオイを発生しながら生きていくので、仕方のないことなのですね。

 

ホルモンがくずれ、体臭がきつくなりやすい

しかし、女性ホルモンには、ありがたいことに、活性酸素を防ぐ抗酸化というはたらきがあります。

 

ところがこの女性ホルモンは、40代以降とても減少していきます。

 

更年期の頃は、このホルモンの変動によって身体のリズムが崩れ、体臭も発生しやすい身体になるのです。

 

更年期以降の女性は、抗酸化作用のある食品を、積極的に食べることが重要なのです。

 

スーパー食材を味方にニオイ解決!

 

 

 

抗酸化食品でキツーイニオイ防止!

活性酸素のはたらきを抑制する抗酸化食品は、体臭予防に欠かせない食材です。

歳を重ねるに従って、抗酸化食品を意識して摂るようにしましょう。

 

抗酸化物質は、本来、人間の身体に尿酸・アスコルビン酸・メラトニンという抗酸化物質を持っています。ところが、加齢とともに減少します。

 

減少した抗酸化物質を補うためには、日々の食事から抗酸化作用をもつ栄養素を、取り入れることが大切です。

 

【ビタミンC】緑黄色野菜:ブロッコリー・パセリ・パプリカ・青菜・柑橘系、ビタミンCは水溶性なので、生で食べる方がよく、水洗いする時も、洗い過ぎに注意して。

 

【ビタミンE】植物油:ひまわり油・べに花油、種実類:アーモンド・ピーナッツ・ゴマ

 

【ミネラル類】海藻類・魚介類・納豆など。ミネラルは、水に溶けやすく、熱に弱い性質があります。茹でるより、蒸す方がよいです。

 

【ポリフェノール類】赤ワイン・緑茶・珈琲・紅茶・りんご・プルーン、果物でポリフェノールを摂るなら、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているので、皮ごと食べるのが理想。珈琲・紅茶は、ペットボトルより、淹れたての方がポリフェノールを多く含んでいます

 

 

【カロテノイド】緑黄色野菜や果物の色素の成分(赤・黄色・オレンジ・トマト・パプリカ・みかんなど) 中でも赤いパプリカは、カロテノイドの中でも抗酸化力が優れています。油を使った料理が吸収がよいのでお奨めです。

 

✤老化・病気の原因を防ぐ抗酸化力

抗酸化の強い食品を身体に入れると、活性酸素を除去し、老化を食止めるはたらきをしてくれます。

活性酸素は身体に入った病原菌とたたかうための防衛機能で、私たちの命を維持する重要なものなのですが、

 

バランスが崩れると、身体を酸化させて、老化を促進したり、病気の原因をつくったりします。これを防ぐのが「抗酸化力」です。

 

アルカリ性食品で体臭を防止!

私たちの体内は、中性に保たれています。

赤みの魚や、肉・魚などが身体に入ると、体内が酸性に傾きます。

すると、乳酸などのニオイが発生します。

 

肉などの酸性食品を中和する、アルカリ性食品が、体臭を防止するのに役立ちます。

体臭予防にアルカリ性食品は欠かせません

 

腸内環境を整える食品で体臭を防止!

歳を重ねると、腸の機能が衰え、悪玉菌がふえていきます。

悪玉菌は、腸のタンパク質を腐敗させ、発酵してしまいます。

 

アンモニアなどのニオイ物質をつくりだします。

 

善玉菌のエサになる、オリゴ糖や食物繊維などをとり、ニオイ物質を、便として排出することが大事。

腸内環境を良いものにすることが必要です。

こちらの記事も参考にご覧ください。

60代 気になる自分の体臭をチェック、直ぐにできる対策は!

 

タイトルとURLをコピーしました