スポンサーリンク

肌がくすむ5つの原因はこれ!

シニアの肌悩み
スポンサーリンク

5つの肌くすみの原因!

更年期の頃から起きる、肌がくすむ原因は大雑把にみても5つあります。

毎日の心がけ次第では、肌ぐすみをためずに美肌を保つこともできます。

では先ず原因を知ることから・・・

”肌ぐすみ、いわゆる肌がくすんだ状況ですね

ほおっておくと水分がどんどん失われ、シワを促進させてしまいます。

ご自分の“くすみタイプを知ることが大切です。

対策によって、くすみやシワのない陶器のような肌も実現可能です♬

肌ぐすみ、5つの原因

肌がくすむ原因は、主に5つあります。

原因は、必ずしもひとつとは限らず複数からくるタイプもあります。

原因となるものを自覚し、その対策をしていくことで改善が図れます。

① 血行不良によって起こる、肌ぐすみ

メラニンの増加による、肌ぐすみ

③ 角質の肥厚により起こる、肌ぐすみ

④ 乾燥することで起こる、肌ぐすみ

⑤ 体内の糖化により起こる、黄ぐすみ

では、この5つのタイプを、一つづつ見ていきましょう。

 血行不良により、起こる肌ぐすみ

このタイプは、顔の血色も悪いため、

目の下にクマができていることが多いです。

青く黒っぽいクマなので、「 青クマ 」といいます。

よくあるのが睡眠不足!

睡眠不足は血液の流れを悪くしてしまいます。

顔から赤みが減少し、肌はどんよりと不健康な印象になります。

喫煙も血流を阻害してしまうために、顔がくすみ深いシワが出来る様になります。

血流の悪化は、身体にさまざまな弊害を生みだしてしまいます。

食べたものの栄養や酸素が、必要なところへ運べなくなると同時に、

皮膚のターンオーバーも阻害されることになります。

血液が順当に流れてこそ人間は健康な身体、健康な美肌を維持できるわけですね。

メラニンも排出できなくなり、色素沈着してシミが定着してしまいます。

 メラニンの増加による、肌ぐすみ

本来は、紫外線から身体を守るはたらきをしているのが、メラニン色素です。

そして、健康な肌はターンオーバーによって、古い角質とともに

余分なメラニン色素は、落ちていくはずなのですが、

過剰にメラニン色素がつくられると、肌から脱落できずに

そのまま居座ってしまうことがあるのです。

これがシミとなったり、肌ぐすみとなって残るわけです。

メラニン増加によるくすみを、茶ぐすみとも言います。

茶ぐすみは、紫外線だけではなく、

クレンジングや洗顔などを行う際、皮膚をこすったりすることが

習慣になっている人は、茶ぐすみを残すことがあります。

こすっているつもりがなくても、薄い皮膚に対しては結構な刺激になっています。

角質肥厚により起こる、肌ぐすみ

健康な皮膚は、常にターンオーバーによって、

古い細胞と新しい細胞が入替っています。

ところが、加齢や睡眠不足、さまざまな原因により、

ターンオーバーが正常に行われなくなると、

古くなった細胞が皮膚から剥がれなくなります。

すると、肌の表面に古い角質がたまってしまうので、厚くなります。

この状態を、肥厚角化といいます。

古い角質が積み重なれば、透明な肌とはかけ離れたものに見えます。

そのため、古い角質がたまった肌は、くすんで見えることになるのです。

 乾燥することで起こる肌ぐすみ

ターンオーバーの乱れや、さまざまな原因から

皮膚は乾燥しがちなのですが、乾燥した皮膚は、

キメが乱れ、ハリやツヤ、弾力が失われます。

キメが乱れてハリがなくなると、肌表面全体に細かい影ができるために

くすんで見えてしまいます。乾燥による小ジワもできます。

糖化により起こる、黄ぐすみ

近年、老化を速める要因として「糖化」が注目されていますが、

活性酸素は、「身体のサビ」という言い方をしますが、

「糖化は身体のコゲ」と言われます。

糖化とは、食事などからとった余分な糖質が、

体内のタンパク質と結びつき、細胞を劣化させるものです。

これが体内に蓄積されると、シワやくすみという現象が現れ、

老化を速めることが研究から分かっています。

糖化とは、AGEs(エージス)(糖化最終生成物)

という物質を、生成する反応のことですが、

AGEsは褐色なので、溜まると肌が黄色くくすんで見えるのです。

対策は、次回のページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました