スポンサーリンク

ウイズコロナ、動かずして会話し、買い物できる社会

70歳の健康と暮らし

ウイズコロナで、私たちの行動は変わっていく。

スポンサーリンク

ウイズコロナ、テレワーク・ ノマドワーカー

コロナ禍で”テレワーク”とかリモートワークという言葉を、聞かない日はありません。

少し前に、ノマドワーカーという言葉を、頻繁に耳にする時期がありましたが。

自由な時間や場所で、仕事をするというテレワークとほゞ同じ意味ですね。

”仕事は会社でするもの”という常識が壊れつつあります。

いや、社会全体が壊そうよーと運動しているようなもの。

カフェにパソコン・タブレット持込む

最近は、パソコン、タブレットを持ち歩いて、カフェなどで仕事をする人が目立ちます。

これ迄は、フリーランスかな~とも思って見ていましたが・・・

カフェやレストランなど、wifiの環境も増々整ってきていて、

今、どこでもできますよねー

仕事スタイルが変われば住いも変わる

アフターコロナで、この先一定の割合で、

仕事の仕方が変わっていくと思います。

テレワークを主にしていくと

住まいも変わっていくことも十分あり得る

高い家賃、狭い空間に住み続ける必要もなくなってくるというもの。

郊外の環境のよいところで、家族が安心して暮らせる場所を探す人が増えるでしょう。

会社が都心である必要もなくなります。

或いは、会社に毎日通わなくて済めば、

通勤という無駄な時間が省けて、

時間にも余裕ができる。

満員電車に乗らずに済むメリット

私も長年、満員電車に乗っていた時期があります。

当然、仕方がないと諦めていましたが、

これってホントに無駄な時間と労力です。

45分間電車に乗って駅に着いたら、

歩いて会社にたどり着くという生活を、40年間送っていました。

当時は、これがあたり前の社会でしたから

感染と背中合わせの暮らしを

コロナ過では、電車の吊革につかむことさえ、誰もが嫌がります。

しかし、動く電車では危険なのでつかまざる負えないことがあります。

例え、コロナが終わっても、感染と背中合わせの暮らしが必要だという事、学びましたよねー

今回のコロナを教訓にして、生活を切り替える必要があるわけですね。

自分の「新しい生活様式」を模索しているのですが、

シニアは、”今からできる新しい暮らし方””を考えていかなくては!

と思っています。

シニアの問題は、もの忘れ!これも心配!

人が動かずとも会話でき、買物もでき、顔も見れる!

人間が動いて、会話したり、買い物したり

という行動が変わりつつあります。

人は、動かずしてリモートワークで会話し

動かずして、インターネットで買い物し

動かずして、相手の顔も見ておしゃべりができる!

顔・髪の毛を構わないのはNG

リモートワークでは、メイクもしない、

洋服もどうでも良いとは限らないことも。

私も何度かリモートワークをしていますが、

家の中にいて、相手と向き合います。

うっかりすると、メイクもせず、洋服も構わずに向き合ってしまい、

あ、失敗したー!と思うことがあります。

ヘアーメイク、背景は相手に見られているわけですよねー!

少なくても顔は、整えておかなくちゃ、

髪の毛も整えておかなきゃ!ですね。

お部屋の背景も、相手には見えていることを、考えておかなければなりませんよねー。

シニアのテレワークで問題になるのが、運動不足です。

運動も、今はテレワークで!

と言いますが、ん~んコレどうしましょう?

感染が拡大している時は、テレワークがいいと思いますが

それ以外は、私行きます。充分な対策しながら。

自宅だけの運動では、飽きるから・・・。

タイトルとURLをコピーしました