スポンサーリンク

コロナ禍での仕事 迎えるも迎えられるのも躊躇する!

70歳の健康と暮らし

仕事先へ予定通りいくが、これ迄と違う緊張感がお互いにある。

スポンサーリンク

コロナ禍では迎える方、迎えられる方も躊躇する昨今

今週の土曜日、群馬県内で仕事が入っています。

美容講座の仕事で、ある組織で美容に興味のある女性が集まってきて、

そこに、私が伺ってお話をさせていただくという仕事です。

元々は、4月に入っていた日程でした。

しかし、コロナ感染の影響で、講座は延期となりました。

その分が、今週土曜の講座です。

あちこち、講座予定が延期になり、7月・8月はスケージュールが多くなりました。

開催状況を確認し、チケット購入

新幹線チケットを購入しなくてはいけないので、状況を伺いたいと思い、お電話をしました。

「皆さん、神経質にはなっていますが、当日を楽しみにしています」とおっしゃっていただきました。

予定通りの開催実現を確認させていただきl

今日、新幹線チケットを購入します。

連休も入るこの時期、希望する時間でチケットが普段は取れにくいので。

行くにも躊躇し、迎える方もきっと躊躇しますよねー

東京は、毎日200人台を超える数字が発表されています。

東京、関東圏からの人が地方に来るのは、不安ではないかと思うのですが。

マスクの中、見えない手応え

残念なのは、お互いマスクをしているので、参加者の表情を見ることができないことです。

相手の表情が見えないまま、お話を進めていくのは、私としてはちょっとやり難い!

いつも、参加者の方々の反応を見ながら、お話を進めているので・・・

話を理解してもらえているかな~?

大丈夫かな~?分かったのかな~?

仕方なく、いつも通り講座を進めていきますが・・・

マスクの中の自分を大事に!

マスク生活がまだまだ続きますが、マスクの中のお肌だけは、自分でケアしておくことが大事だと思います。

マスクで肌荒れを起こすこともあります。

マスクをしていても、人と食事をするときなどはマスクを外しますから、

その時、残念なお肌になっていないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました