スポンサーリンク

発熱!この一言でヒヤッとするのは東京の感染数のせい?

70歳の健康と暮らし

発熱したー!この一言でヒヤッーとする昨今です。

スポンサーリンク

「息子が38℃の熱がー!」

この一言で、ビックリしてしまうのは、

東京の感染者数?その増え方のせいでしょうか?

東京都内に住んでいる姪っ子は、子供が3人います。

その姪っ子が、金曜日に私の家に来ることになっていました。

前日に、「明日、どうしょうか?」と電話が入り、結局東京の感染状況を見ていると

今はやめておいた方がいいねーということになり、来るのを延期にしました。

それが大正解でした。

金曜日の朝、「○○朗が38度の熱がある!」というラインが入りました。

万が一、予定通り姪っ子が我が家にきていたら、大変なことになっていた!

子供達が発熱したと連絡を受けても、

私の家から帰宅するのに、1時間以上かかる。

扁桃腺炎での発熱に一安心

病院での診断は扁桃腺炎でした。

本人は、苦しくてかわいそうだけれど・・・

周りは、コロナでなくてホッとしました。

”兄妹が発熱した!ということになれば、何でもないお姉ちゃんまで、学校を休まなくてはならなくなります

病院へ行き原因がわかるまで、その日一日お休みとなってしまった!

家族にひとりコロナがでたら、

周りも巻き込んで、大変な状況になるんだと痛感しましたねー

身内に出たのかー!と思ってホントにびっくりしました。

「発熱」というワードに過敏になっている

有名人の感染者が発表されたりしていますが、きっと大変だろうな~としみじみ思います。

偏見や差別という問題も、おきていると聞きますしねー

感染が増えている間はおとなしく!

私も実は、今日の土曜日出かけようかどうしょうかと迷っていたのですが、やめました。

感染数が増え続けている状況では、おとなしく、動かない方がいいと思って。

問題は運動不足、午後からは、フィットネスクラブだけは、行こうと思っていますが。

巣ごもり状態の暮らし、ホントに心配です。

これでは、企業は持たないですね。

経済を回さなければ、個人も国も生きていけないし、

感染したら、死んでしまうかも知れない!

どちらが先というものではありませんよね

消毒を意識した生活を普通にする!

ウィズコロナは、感染というものを常に意識しながら、生活をするということですね。

今まで怠っていましたねー。

消毒をこれ程、意識したことなかった!

消毒剤も種類がこんなにあると思わなかったし、

これから、清潔、消毒を重要視して暮らさなくては!

目に余る3密状態が増えている!

何処へ行っても、人が多い、

街を歩いても、家族やグループで話しながら歩いている姿をよく見る

意識ないの~?忘れてるの~?

マスクだけは、ほとんどの人がしているけれど。

お願いだから、3密とソーシャルディスタンスだけは守ってほしい!

感染だけは、絶対してはいけないのだから、

それを完全に守ることは、とても難しいことだけれど。

でも最低限自分でできることだけは、しようよ!

タイトルとURLをコピーしました