スポンサーリンク

熱中症対策シニア、マスクの使分けで予防!

70歳の健康と暮らし

この夏は、熱中症とマスクの兼ね合いがむつかしい!

スポンサーリンク

熱中症対策とマスクの兼ねあいがむずかしい!

マスクの着用が、新しい生活様式の一環として、通年になりつつある昨今です。

しかし、私のようなシニアは、夏の熱中症が心配です。

その理由は、例えば真夏の炎天下に外を歩いていて

身体に熱をもったとしても、それをちゃんと感じなくなっていることがあるからです。

夏は熱中症をおこさないよう、いつも注意しなくちゃと思う反面、

感染防止対策を怠るわけにもいかず、矛盾した相反する問題です。

真夏に外を歩くとき、マスクをするなんて考えられなかった!

ましてや今年の夏は、気温が高くなるといわれていて・・・

熱中症対策とマスクの兼ねあいが、ホントに難しい!

林修の「今でしょ講座」で確認できた!

2020年7月14日(火)夜7時からテレビ朝日の放送で、「林修の今でしょ!講座」

専門家の方が、この疑問を解決してくれました。

マスクを、材質別に分けると4つのタイプに分類されます。

 ・不織布マスク

 ・布製マスク

 ・ガーゼマスク

 ・ウレタンマスク

不織布マスクの特徴

coronavirus mask on green background

・温度が上昇する

・熱がたまるので息苦しい

・ウイルスの漏れを一番防げる

・鼻の部位を折って、しっかり使えば、55%防げる。

布マスクの特徴

・蒸れやすい

・通気性がよい

・吸湿性がよいので、熱い

ガーゼマスク

・ガーゼが口につく

・小さめなので、息苦しくない

※画像がありません

ウレタンマスク

呼吸がしやすい

・熱くない、一番涼しい

・飛沫対策にも効果あり

私の経験:ウレタンマスクは快適!

ウレタンマスクは、私4月からずっと使っています。

ホントに息苦しさがなく、ス―スーして蒸れませんし、

こすれても、痛くなるということがありません。

マスクが店頭になくなった4月から使っていますから、

もう何十回も洗って使っています。

マスクがない時期で、濃いグレーしか買えませんでした。

先日、違う色が出ているので、

パープル系が欲しいな~と思って、新しいものを購入しました。

そして、これまで何十回も使ってきたものと、比較してみました。

感触や素材の劣化など、全く変化がありませんでした。

これには驚きでした!

マスクがこすれて、お肌がかぶれる話が聞こえていますが、

ウレタンマスクには、そんなこともないですね。

やっぱり、ウレタンマスクは私にはとても快適なマスクでした。

この番組で改めて確認でき、うれしいです。

マスクは密と距離で使い分けよう!

番組では、結果的にマスクの特徴を理解して、上手に使い分けをすることで、

熱中症を防ぎ、感染症も防ぐことができるというお話でした。

人と距離を保てるときには、快適に過ごせるウレタンマスクを使いましょう。

どうしても、密になってしまうときがありますよねー

密は避けても避けられないことがあります

そんな時には、ウイルスを最も防げる不織布のマスクを使いましょう。

熱中症とコロナの症状はうり二つ

コロナと熱中症の症状はうり二つ

専門家のお話では、コロナの症状と熱中症の症状は、うり二つだそうです。

お医者さまでも、見分けがむつかしいのだとおっしゃっていました。

頭がぼーっとする、めまいがする、

食欲低下や、足がつったりする。

こんな症状がでたら、とにかく水分を沢山飲むこと

症状らしきものがなくても、おかしいな~と思ったら充分な水分を摂ってくださいとのことでした。

やっぱり水分ですね。もっと摂らなきゃ!

タイトルとURLをコピーしました