スポンサーリンク

自粛生活で残した不調への取組み、まとめ

70歳の健康と暮らし

自粛生活は、私の身体に不調という負の影響をのこした。

スポンサーリンク

不調の改善にとり組んだ3つのこと!

元来、私は運動が好きではありません。

好きでないので、私の身体は運動をそれ程、してこなかったということになります。

歳を重ねてくると、そのツケがしっかりと回ってくるようです。

春からの自粛生活で、フィットネスクラブへ行けず、

身体がなまってくるのを、痛感することになりました。

揺する・膝うらのばし・段差スクワット

自宅で運動をすることを考えました。

簡単にできて、効果を実感したものをご紹介します。

特に、私のように運動嫌いな人にもできる、簡単な方法です。

お馴染みの、近畿大学谷本先生のご指導を元に始めたものです。

谷本先生といえば、「みんなで筋肉体操しようよー」で有名ですね。

改まったことをするのではなく、ついでに行った3つの方法をご紹介いたします。

家庭用マシーンン購入の検討

家庭用のマシーンを購入して見ようかということも、考えた時期もありましたが、

業務用と家庭用では、パワーが全く違うと思って購入はしませんでした。

もし、使わなくなれば邪魔な荷物となるので、慎重になります。

自粛解除:感染対策+人数制限

自粛が解除されて、フィットネスクラブへ行けるようになりました。

人数制限され、わずかな人数での運動でしたね。

充分な感染対策をしながらですね。

シニアにとって、2か月も3ヵ月もの

自粛生活による運動不足の影響は、負の効果として大きなものが残りました。

一日も早く改善する為に、自宅にいてもできる運動、身体を動かすことを積極的に行うことで

身体は改善できます。

熱中症に注意しながらも、マスクは必ずつけています。

水分補給も以前よりうんと摂るようになりました。

お互いの3密を避けるよう、心がけもしています。

帰ったら丁寧な手洗いをしています。

コロナウイルスは、直ぐそばにいる!

新型コロナウイルスは、自分のすぐそばにいると思いながら、感染対策をしなくてはと思っています。

健康を取り戻し、健康体で過ごせるように、できる運動を積極的に実践し、感染対策をしながら過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました