スポンサーリンク

お赤飯で祝うチャンス 妊娠を喜び合う!

70歳の健康と暮らし

お赤飯を炊いて、みんなで妊娠をお祝いしました

スポンサーリンク

お赤飯炊いて祝うチャンスがない!

近年は、お赤飯を炊いて祝うというチャンスが、ないように思いますが、

実は、私の住んでいる同じマンションで、暮らしている姪っ子夫婦がいます。

その姪っ子が妊娠していることが判ったのが、先月のはじめでした!

私にとって、生まれてくる赤ちゃんは、

孫同様の存在になるので、うれしくて仕方ありません!

はじめは、流産することもあるらしく、用心しながら

姪っ子は、静かに過ごしていましたが

今は、9週になり、出産の日も知らされ、順調のようです。

私は待ち遠しいですが、本人はつわりもあって大変ですね

妊活も無駄だった?自然にできた!

2年前に、妊活もしていましたができず、

37歳になっているし、あきらめていました

それが、妊娠したことを知らされて、私はうれしくて!

しかも、自然にできるなんて、嬉しいです。

お赤飯でお祝いしよう!

昔から、お祝い事があればお赤飯を炊いて

お祝いするという習慣がありましたが、

今では、ほとんどなくなったのでしょうかー?

私は、お赤飯もおはぎも、お汁粉も、つまり小豆が好きなんですね。

普段でも、お赤飯やおはぎを買っていただきます。

ひとり暮しでは、流石にお赤飯を炊くことはしませんが・・・

昨日、私の妹が来てお赤飯を炊いて、

姪っ子の妊娠を、一緒にお祝いしました。

やはり、炊きたてはおいしい!

お赤飯、モチ米が好きなんですねー私。

モチモチして本当に美味しい!小豆が大好きなので・・・

お赤飯、今はセットパックで販売

昔ながらのお赤飯の作り方は、面倒ですね

小豆を、一晩かけて戻すということから、始まります。

小豆を茹でて、煮汁にもち米をつける。

それを、せいろで蒸し上げる。

という手間をかけるものでしたねー。

今は、核家族になり、手間のかかるお赤飯をつくる家庭は、少なくなりましたよねー

でも、「お祝いにはお赤飯!」というイメージが、日本では根強くあります。

今は、セットになったものが、パックで売っていて便利です。

もち米・小豆・煮汁を密閉して、セットパックした物を売っています。

そして、炊飯器で簡単に炊けるように、売っていますから便利です。

私も一度、買ってみようと思っています。

「切る」「する」は縁起の悪いことば

お赤飯には、一般的に塩ゴマをかけていただきますが

煎ったごまを、使うといいと思います。

そんなこと、無視しても勿論、構わないことですが、

「切る」「する」という言葉は縁起が悪いとして避けます。

健康で元気な赤ちゃんを、産んでほしい。

消毒も過剰になるかも

赤ちゃんが生まれると、掃除もより丁寧にするようになるかも~

コロナがしばらく続くので、消毒は必須!

生まれてくるまでに、私も体力をつけなくちゃ!と思って

運動も一生懸命しようと思います。

フイットネスへ通うだけでなく、自宅でも頑張らなくては!

と思います。

ひとり暮らしでも、感染リスクはあります。

赤ちゃんが生まれたら、

感染しないように十分気をつけながら

育てていかなくてはならないので、その辺が心配です。

でも、きっと可愛いので頑張れると思っています。

タイトルとURLをコピーしました