スポンサーリンク

夏のマスク選び 紫外線率・ひんやり・型崩れを考慮して選ぶ!

70歳の健康と暮らし
SAMSUNG CSC

マスク、種類が豊富になった!私の選ぶ基準はこの7つ

スポンサーリンク

コストが優秀なピッタマスク!

マスクが手に入りにくかった頃、

たまたま、入手できたピッタマスクが良かった!

3枚入り、520円ほどだったと思います。

1枚が173円位になる。

未だに、その内の1枚しか使っていません。

洗えば直ぐに乾いて、また使えるので、

毎日、1枚を洗いながら十分使えています。

未だに、2枚目を出していないわけですよ

コストパフォーマンス最高でしょ!

ピッタマスク 3枚入り 520円

今では、種類も迷うほど多く売っていますが、

私は、このピッタマスクが好きなんです。

ピッタマスク 7つのメリット

  1. 紫外線カット率98%
  2. 花粉カット率99%
  3. 新ポリウレタン素材で、顔にぴったりフィットして、フェィスラインがきれいに出る
  4. 顔に密着し、すき間をつくらない
  5. 通気性がよく、呼吸が楽にできる
  6. 柔らかい素材のため、耳が痛くならない
  7. 何回洗っても型崩れしない立体マスク

ごく最近、アベノマスクが届きました。

しかし、このピッタマスクが使い慣れて

袋から取り出すことができなかった!

折角なのに、すみません!

濡らしてひんやり、冷たくて気持ちいい!

スポンジなので、直ぐに乾くので、

濡らして使ってみました。

暫く、ひんやりして気持ちよく使えます。

直ぐに乾いてしまうので、時々は濡らす必要がありますねー。

また、水をかけて絞れば、同じようにひんやりして気持ちよく使えます。

ただ、メイクをしていたら、こすらないように注意が必要ですが。

こすって、皮膚炎を起こす方が増えていて、皮膚科が混んでいる話をよく耳にします。

こうなると、一年中使えるマスクですね。

紫外線カット率98%も嬉しいです。

夏の日焼けに十分対応しているのは、

女性にとって嬉しいことです。

ピッタではなく、同じ素材のマスクにも

濡らして使えることを、PRされてました。

フェィスラインがきれいに出る!

私は、不織布のひだタイプのマスクより、

鼻から折り目がついて、顔の左右に

フィットしたタイプが、キレイで好きですね。

マスクをしていても、顔のフェィスラインがきれいに出ることって、

女性にとっては、とても大事なことだと思っているので。

私は、顔をキレイに見せる方を選びます。

顔の輪郭 左右差が分かってしまう功罪も!

そのお蔭というか、そのせいというか

私のフェィスライン、左右の違いが

え~私ってこんなに左右違ってるの~?

って気づかされました。

僅かに違いますよねー

使っているのが、黒に近いグレーなので

より一層分かってしまうのですねー・・・

黒っぽい色の良さは、汚れても目立たないことですね。

白っぽいのは、キレイで素敵だけれど、

顔には、手が触ることが多く、

メイク品や口紅などもつきやすいので

それが目立つのはちょっと勇気がいるかな~?

出先などでは、直ぐに洗うことも出来ないことを考えるとね。

これは無視することにしましょう。

次に、ピンクとかバイオレットとかを

買いたいと思っています。

マスク着用か、ソーシャルディスタンスかを判断!

夏は、場所によってつける外すを、

使い分けることが大切ですよねー

外した後、ビニール袋を携帯しておけば

清潔を保てていいと思います。

ここでは、マスク着用するか?

ソーシャルディスタンスをとるかの判断

して上手く使い分けたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました