スポンサーリンク

肺癌➠コロナ・地獄の熱中症、今日すること行く所が!

70歳の健康と暮らし

肺癌を患った人がいて、コロナ感染には注意している。

スポンサーリンク

肺癌患った人のコロナ不安

今朝、久しぶりの友達から電話があった。

友人が肺癌・ご主人が胃癌を患ったことを聞いた。

コロナ禍で、癌という病気があることも忘れていたようだ・・・

私の夫も食道がんで亡くなっているのに。

今、2人に1人が癌になるというし・・・

コロナ禍で肺癌と聞くと、え~と不安がよぎる。

肺病を患った人はコロナ感染症に過敏だ。

私の妹も肺癌を手術しているので

コロナにはとても注意している。

を患った人は、化学療法をしていて

免疫システムが落ちている。

感染のリスクが高いので、普通の人よりも怖いと思う!

肺癌でなくても癌を患った人は、

合併症も伴うことが多いというから、注意すると思うけれど。

ワクチンが出来るまでは、ともかくコロナには用心用心!

私の妹もマスクを徹底し、手洗いを徹底し、

ソーシャルディスタンスを、徹底するという意識が高い。

他の病気でも同じだと思うけれど、

肺の病気と聞くと、コロナに直結するイメージが。

ソーシャルディスタンスでマスクなし

これからは、マスクをつけながらの、熱中症問題がプラスされる。

でも、マスクはさすがつけられませんねー

今年の夏は例年よりも“暑い„との情報だし。

人と距離をとるソーシャルディスタンス

を守れば、マスクをしないでいいとも言う。

いろんなことの経験値もコロナ禍で

上がってきていて、熱中症を避ける為に

暑い日に、マスクを必ずしもしなくていい

とも、言われるようになりました。

暑い日は、熱中症にならずとも、物凄く疲れてぐったりする💧

私は、ジムへ行くのに、10分歩く。

往復20分間、炎天下を歩くのか〜と思うと

思っただけで熱中症になりそう・・・💧

熱中症対策?

仕事の時や、どこかへお洒落して

出かけるときは、タクシーを使うことに決めている。

湿気で、猫ッ毛の私の髪の毛はベチョーと

なってしまうから、

メイクも崩れるから駅までタクシーが便利。

タクシーを上手く使って熱中症を防ごう。

怠け者になる真夏

真夏は、どうしても怠け者になってしまう

困ったものでありまするー

7月と8月は地獄の月だー

9月もやっぱり引きずってしまうし

今日すること、今日行く所が必要!

ところが、仕事になると違ってくる。

不思議と仕事の朝だけは、シャンとなる!

人間、今日すること、今日行く用事がないといけない

多少の疲れがあっても、シャキシャキと動けてしまう

やることがないのは、ダメですねー

免疫力を高めるためにも、笑って過ごしたい!

免疫力は笑うだけで、上がるから・・・

仕事はありがたい!一番私らしい

やっぱり、私には仕事が一番!

仕事なら何の苦労も感じない!

仕事人間ということか!

仕事が一番、私が私らしくいられる時間!

病気を、呼び込まないためにも、

仕事があることが大事!

仕事があるだけでありがたいと思います。

元気が出るのは仕事が一番だから♬

タイトルとURLをコピーしました