スポンサーリンク

自粛してる美容室、予約とらない内部事情

70歳の健康と暮らし
a woman at the beauty salon

髪の毛がのび放題で美容室を探しに出かけました。

スポンサーリンク

グレーヘアーのび放題はオバ髪に!

ここ3ヵ月ほど美容室へ行ってない。

のばして見ようと思って、

しばらくカットせずに過ごしていました。

私は今、ゴマ塩状態のグレーヘアーです。

グレーヘアーでスタイルを構わなくなると

それはもうホントに大変なことに!!!

シワたるみいっぱいのシニアの顔の周り、

髪の毛が与える印象は大きいと、思っているので・・・。

もうホントに、全くのオバアサンの髪!

どうにもこうにもなりません!

鏡を見るたび、毎日ショックを受けます。😢

伸ばすつもりで美容室へ行ってない

実は、髪型を変えようと思って、

コロナ禍の少し以前から、美容室へ行ってない。

ショートヘアーから、

ロングヘアーに変えて見ようと思い、

美容室へは行かなかったのですが、

あまりの醜さで、取敢えず切りながら整えていこうと。

デパート内の美容室に行ってみる

デパート内にある美容室なら、

一応、正統派の感覚、大人の落ち着きがあるでしょうと思って。

デパートそのものは、地下の食品以外は休業中。

デパートの入口に、男性がご案内をしていました。

美容室へ行きたい旨を伝えました。

美容室へ電話で確認してくれて、

休業中であることを、私に伝えようとするのですが、

”ソーシャルディスタンス„認識がない案内人!

私との距離が近すぎて、

私は後ずさりしながら聞いているのですが、

すると、更に近くへ寄ってきて、

30㎝もないくらいの距離で、お話をしようとします。

私は、更に下がり、3回も後ずさりしました。

こんなタイプの方っていますよねー

普段から、とても近い距離でお話をしてくる方が。

一生懸命、接客しようとする気持ちは分るけれど・・・

今、これはないよねーーー!

このコロナ過で、歩いていても、お店に入っても

誰もが距離をとる「ソーシャルディスタンス」

を意識して行動している中での出来事です。

きっと周りの方も、感じていたと思います。

悪気がないのは分るけれど、

認識の甘い人もいるんだな~って思いました。

たった5分でも感染のリスクがある接客業ですもの。

距離だけは十分とらないと・・・

キャンセルした予約客の扱い

その、ソーシャルディスタンスをしない男性からのお話は

「お店は休業中ではありますが、

直接電話してみてください 」との事でした。

早速、直接お店に電話したところ、

残念ながら今、新規客をとれない状況だと言われました。

4月からの緊急事態宣言の自粛要請で、

休業となり、 予約を受けていたお客様を

キャンセルしたようです。

そのため、5月半ばから、お店は休業しながらも

キャンセルしたお客様に来ていただき、

美容師さんがこなしているらしい。

まず、そのお客様が優先的になるので、

しばらく新規はとれないというのですね。

事情を聞けば、それは御もっともで、仕方ないな~と。

新規客とれない現状がお気の毒!

そんな事情があるんですね。

美容室側も、折角の予約客を

お断りしなければいけない事態だったわけですね。

美容室は、ほとんどのお店が予約制ですものね。

それは、お店側もきっと辛かったですよね。

そうしてまで、自粛をしなければいけなかったコロナの怖さですね。

今、1人新規が入ろうとしているのに、

入れられないというお店の事情が分ったら、

気の毒だな~と思いました。

自分がカットをしてもらえなくて、

こんな話をするのも、少し変かも知れませんねー

永い間、美容業に携わってきた人間として

美容室の経営は、やはり気になってしまいます。

エステサロンやネイルサロンも

似たような感染リスクはあるものの、

少し、事情が違う。

感染対策での美容室、売上を戻せるのか?

新規客1人とるのに、広告を出しているなら

一人分に換算すると、かなりの経費がかかっているというのに。

ネットでも、HPをつくり広告を出しています。

広告費を使っているなら、

新規をとれないのは痛手です。

経営者は、自粛期間の赤字を、いつ取り戻せるか?

今後、ソーシャルディスタンスなど

感染対策をしながらこの業界で、

売上を、果たして伸ばしていけるのか?

本当に心配だと思います。

そんなわけで、このオバ髪まだまだ続きそうなのです。😢

どうしょう・・・皆さんどうしてますか?

タイトルとURLをコピーしました