スポンサーリンク

マスクの柄、顔の印象を消してしまう 小池都知事上手い!

70歳の健康と暮らし

マスクの柄、大きなものをつけている人を見かける。

スポンサーリンク

マスクは存在感が大き過ぎる

たった3ヵ月で、マスクの位置づけがここまで変わってくるとは、誰にも予想だにしなかったことでしょう。

体調不良のときに使うものから、日常を健康に過ごすための必需品に!

不調の時のために、どこの家にも備えてある、ある意味では薬のような存在でしたね。

それが、毎日必ず使う生活に変わっている。

今ではマスクがないと、外では歩きにくい

「あらっ、風邪でもひいたの~?」から

「あらっ、なんでマスクしないの~?」に全く変わってしまった!

この3ヵ月で、ということが恐ろしい!

つけることが、あたり前、日常的になってきたのなら、

着ているお洋服や、デコルテにも違和感がないものを。

海外の有名ファッションメーカーも進出してきてはいるものの、今一つ「ザ・マスク」から脱皮していない!そう思うのです。

小池都知事はさすが上手!

小池都知事、毎日お洋服に合わせてつけていて、さすがに素敵だな~と思います。

見ていて気持ちがいい!

さすが、元ニュースキャスターだけありますよね。

見ていると、大きな柄はない、必ず小柄ですね。

顔につけるものなので、小さな柄の方が顔や洋服に馴染みやすいと私も思います。

洋服や首元に馴染みやすい色・柄を

色や柄が大きなものは、マスクの存在だけが目立ち過ぎると思いますね。

髪の毛と目元は見えるわけです。

マスクをした場合、言ってみれば前髪と目元だけがその人の看板になります。

その前髪と目元を、引き立ててーとまでは言いませんが、

少なくとも、マスクの存在が大きすぎて、目元や前髪の存在が薄くなってしまうような印象のものは、私は避けたいと思います。

その意味では、色や大きな柄物は、マスクそのもの存在感に影響します。

夏に向けて機能的なマスクを期待!

夏は、レースなどのキレイなタイプが出て来そうですが、

問題は、リスクをどれだけ抑える効果が期待できる素材か?

きっと、こういったことを考えてくれる人現れると思います。

そうでないと、夏マスクできなくなりませんか?

熱中症問題と両方で大変なことになります。

タイミング逃したアベノマスク

安倍総理から打ち出されたマスク、私のところには、今だ届いていません。

もう薬局には売っています。

昨日も、薬局に行ったので、見たら売っていました。

アベノマスク、大きな予算かけてもったいない!

必要なときが既に過ぎてしまいました。おまけに不良品まで出て・・・

市場にない時、私たちが買えない時に、配布して頂ければありがたかったけれど。

マスクがない時は、一日で捨てきれなくて、使ったものは都度ティッシュペーパーに挟んでとっておいたものです。

そしてまた明日も使うなどして、何だかマスクに一生懸命でしたね。

そんな頃は、私も「マスクより具体的な補償を!」って私も言っていた覚えがあります。

それは、友人のエステティシャンがその頃に苦しんでいたから・・・

「毎日感染が心配!補償出してくれれば休めるのにー」と言って。

今週は薬局で、マスクを値引きして売っていると聞いた。

中国からの輸入がスムースになってきたからだとか。

これからマスクを買うなら、少しお洒落なものを買いたいな~

手作りマスクや、異業種が参入していて、素材もさまざまなものが登場してきている。

今しているマスクは、顔の大きさに合っていないものをよく見かけます。

本人はきっと、使いにくいだろうな~と思ってみていますが。

急激な需要だったので、みんな間に合いませんよねー。

タイトルとURLをコピーしました