スポンサーリンク

シニアの片づけ 段階的に量・場所変えたら負担なくできた!

70歳の健康と暮らし

想い入れのあるものを捨てるのは、大変なこと!

スポンサーリンク

シニアの片づけは”減量・すき間を作る„段階的に

片づけが必要なことは解っても、なかなか重い腰を上げられない!ですよね?

歳とともに、だんだん億劫になってきます。

片づけてみて解ったことは、

無理に一気にしなくていいということ。

歳とともに、負担になることも増えていきます。

今まで普通に出来ていたことが、負担になることが。

時間が経っても、”片づけをする„という認識が大事だと思うから。

段階的に少しづつ量を減らして、まとめる。

そして、あった場所は空ける

これで片づけは進められます。

工事がキッカケで整理できた筈?

この春、マンションの給排水管工事がありました。

その時、家の中の家具や収納棚などを一時的に移動しました。

その一つに、手帳や封書などが多いBOXがあります。

これは、整理したらかなり要らなくなるわーーー

整理したら、スペースが空くな~と思っていた。

もしかして、このBOX要らないかも~?

直ぐに行動起こせない自分に気がつく!

そう思って、工事が終わり1ヶ月経ってしまった!あらら〜ッ

そう、行動が直ぐに起こせなくなっているのですね。気力が?!歳かー😢

2週間ほど前に整理してみました。

なんと、3段か4段分が空っぽになってしまいました。

本当に必要なものが少なかった!

この祭、やっと様々なものを手放せた。

結局、今後も必要なものは、

めったに書かないけれど、

でも必要な手紙や葉書、封筒

それと、冠婚葬祭ののし袋と筆ペン、

これを整理して、手書きで分かりやすくしました。

整理してみれば、こんなにスカスカ状態。

もっと低い、3段くらいの書類BOXを買って収めようと思っています。

ついでにCDや写真も、一部片づけることができました。

これは、取敢えずまとめました。

写真は、まだまだいっぱいあるので、思い切りが大変です。

深い歴史がつまった手帳を手掛ける

一番厄介だったのが手帳!

手帳は、私の仕事の歴史がつまったもの。

これを捨てるのは大変でした。何年もできなかった!


40年間の手帳を整理しよう!

そう思っても、中々できなかった!

想い乍ら、思いながら出来ない!

捨てようと思って、少しのぞく・・・

あ、あの頃だー、そうだったのよねー

あの方、あれからどうしているんだろう?

ダメダメ、見ちゃうとダメ!絶対ダメ

捨てられなくなる。もう見ない!葛藤だった!

それができたのは、しばらく経ってからでした。

40年以上の歴史がつまった手帳

直近2年分だけ残した手帳

何年も前の手帳をのぞく機会なんて先ずない!

数年も前のことを探すには、時間と労力を要することになる。

なくても、今さら困ることは、きっとないでしょう。

直近の手帳、昨年の手帳は見る頻度が高い、

それ以前は捨てる!!!

あれば思い出に浸るだけ・・・

殆どの手帳を捨てたあと、

直近2年間の手帳だけを、置くことにした。

これなら、手帳そのものを探すこともない!

2年間しかないから、収納が直ぐ見える。迷うことがない!

量を減らし、起き場所変えることで無理なくできる!

それを、チェストの上に暫く置くことに!

目の前にあるので、忘れずに捨てられる。

年賀状も、捨てきれなかった分を捨てるための時間を置きました。

どの位まで保存しようか?

そして、出すこともいつまで出そうか?いつ終わろうか?私には難しい問題!

これを、ゆっくりシュレッターかけようかな~と思い、置いてあります。

最終的な片づけは焦らなくていい、気が向いた時にフィニッシュすればOK

気持ちが負担になると片づけは進みません。

負担に思わず、笑いながら、鼻歌でも歌いながらすると免疫にもいいですよー

免疫力を上げるには、『笑いが効果的』ということがテレビで話題になっています。

片づけは、段階的に束を小さくし、置き場所を変えるだけで一歩片づけが進みます。

片づけのストレス、負担がありません。

シニアの片づけはこれでいい!と私は決めました♬

タイトルとURLをコピーしました