スポンサーリンク

手の消毒ブビソンジェル 手荒れしない理由が解った!

70歳の健康と暮らし

手洗い・消毒の回数が多くなった今、手荒れという悩みを抱えるようになりました。

スポンサーリンク

ブビソンジェル 頻繁に使っても荒れないか?

私は、外出した時は、必ずブビソンジェルを使っています。何かを触ったときは必ず!

”消毒し過ぎて手が荒れる„という言葉を、よく耳にするようになりましたが・・・

皮膚科へ受診する人も増えているそうで、悲しい現実が・・・

石鹸でも手を洗い、また消毒も一日中頻繁に使うと、確かに手の荒れが気になりますよねー。

消毒で手が荒れるのは、消毒液に入っているアルコールの刺激ですねー💧

でも、私が使っている消毒ジェルは手が荒れないのでご紹介しますね。

職業柄、成分を見るクセがあります。

ブビソンジェル成分構成を見てみると

ブビソンジェルの配合成分で、肌に影響を与える成分はこちらです☟

  • アロエベラ液汁
  • チャ葉エキス
  • カンゾウ根エキス
  • ヒアルロン酸Na

では一つひとつ、どんな成分なのかを見てみますね。

アロエベラ液汁は、肌荒れに大切な役割を果たしています。

アロエは、昔から荒れた肌の修復に使われているものです。

よく、「傷にはアロエの葉でこすっておきなさい!」と母に言われていたことを思い出します。

チャ葉エキスは、ご存知のカテキンですね。

アンチエイジングを謳うコスメには、殆んど入っていますね。

カテキンの抗酸化作用が、活性酸素による攻撃を防いで、肌の老化スピードを遅くらせてくれる成分だからです。

人間の手は、モノをつかんだり、引っぱったり、洗剤を使って食器を洗ったりします。

一日中何かの刺激を、直に受け続けています。

歳を重ねると、手は次第にカサカサしてきて乾燥が進みます。

荒れやすく”見た目の歳„を最も感じやすいものです。

手が乾燥すれば、当然シワも増えます。

それを助長させてしまうのが、加齢で増えていく活性酸素です。

カテキンの抗酸化の作用は、活性酸素が人間の組織を攻撃することを抑制するのに役立ちます。

カンゾウ根エキスは、昔から万能生薬として有名です。

甘草の根から作られた成分です。

古くから、傷の治療に使われてきた成分です。

抗炎症作用、抗アレルギーの作用もあります。

シミやソバカスなど、メラニン色素の生産を抑えるのにも役立つので、美白化粧品に多く使われます。

女性の手は特に荒れやすく、加齢とともにシミもできやすいですね。

アレルギーの方にも、対応した成分を配合していますが、本当にアレルギーの方は十分配慮して使った方がいいと思います。どんなに安全と思うものでも使ってみて、刺激が少しでもあったら中止した方が安全です。

手って、もっと労わってケアをしてあげる必要がありますよねー。私もハンドクリームをつけているくらいで十分ではないかも・・・反省ー💧

ヒアルロン酸Naは、本当に優秀な成分です。

ヒアルロン酸の力は、ヒアルロン酸1gが持てる水分は、なんと6ℓあります。

ココが、ヒアルロン酸の凄い点です!!!

40代の後半になると、肌が持つ水分は一気に減少します。

水分が少なくなると、乾燥が進みシワやたるみが目立つようになります。

顔もそうですが、手も同じように、カサカサ度が目立つようになります。

ブビソンジェル、肌が荒れない技術処方ができていたということですね。

整形外科では、関節の痛みにヒアルロン酸注入

膝が痛くなって、整形外科へ行くと「ヒアルロン酸を打ちましょう!」と言われたことありませんか?

私も以前、膝が痛くなり、整形外科クリニックへ行きました。

そこでヒアルロン酸を打つことを奨められて、数週間、通院したことがあります。

膝が痛くなる要因の一つに、関節の水分が少なくなることが言われています。

水分が減少したひざの関節が、スムーズに動きづらくなってこすれ合うため痛くなると言われました。

人間の身体は水分が少なくなると、さまざまなトラブルが出るようです。

皮膚の土台である真皮というところに、ヒアルロン酸が十分あることが、きれいな手には欠かせないのです。

ブビソンジェルの成分配合を見ると、手の荒れを防ぐ処方がしっかりされていると私は感じました。

アルコールが62%というのも処方もその一つと言えるかも知れませんね。

アルコールは多ければ、殺菌力が高いというわけでもないと専門家は言います。

60%~70%がちょうどよいそうです。

アルコールは多いと、刺激になることもありますが、つけても直ぐに揮発するので、普通はそれ程刺激を感じなくなります。

使用感もさっぱりしていて、直ぐに乾きます。

アルコールが入った商品の注意点

アルコールが入っている商品は、目に入らないよう注意が必要です。アルコール濃度が少なくても刺激があるので注意が必要です。万が一入ったらすぐに水洗いしてくださいね。

また、ブビソンジェルを塗った後、ちゃんと乾かない内に火に近づけるのは、危険ですからこれも気をつけましょう。

韓国のティルティルが販売・容量・価格

今、コスメのメーカーでは、人気上昇のメーカーですね。

コスメでは先進国の韓国、さすがー!

容量:50ml/チューブタイプ/495円

500mlとか、もっと多い量のタイプもあるようです。

私は、50mlがバッグに入れて持ち歩くのに丁度いいです。

感染症とは生存共栄の社会になった!

感染症とは、これからも長~いお付合いになりそうですが、

消毒は欠かせない社会になってきましたね。

コロナで、私もバックの中に入れるものが変わってきました。

今は、消毒剤はお店の入口に置いてあって使えますが、ない場合もあります。

液体石鹸も備え付けてあっても、薄くなっていたりなくなっていることもあります。

外出のときには、抗菌手袋と抗菌ハンカチを欠かさず持ち歩くようになりました。

施設で用意してあるものがあっても、自分で持ち歩くのが一番です。

自分の清潔と消毒は、自分の手で行いたいと思いますよねー

ただ、マツキヨでも1人1本という、限定販売がまだ多いかも知れません。

しかし、探し続けていれば必ず買える日があります。

マツキヨのお店は駅を変えて、1本づつ買えば2本買うこともできますよね。

消毒剤は他にも色々売っていると思いますので、納得したものを使ってみてくださいね。

あくまでも、これは私の経験からのお話です。

タイトルとURLをコピーしました