スポンサーリンク

スーパーマーケット「レジ」感染リスクを感じる!

70歳の健康と暮らし

スーパーで買い物をした時、レジではお互いの感染リスクを感じる

スポンサーリンク

スーパーマーケットの混雑状況は「密集・密接」

スーパーへ行くたび心配になります。

今、スーパーは休業要請がないので、どこも営業しています。

私たちが、自粛期間中に堂々と出かけられるスーパーですが、

行く度に混雑していて、大丈夫かな~

3密(密閉・密集・密接)の内、密集した場所で密接してしまっている状況。

人と人とが、ぶつかりながら店内を移動している状態です。

スーパーのレジに並ぶ時のリスク

並ぶ位置があいまい

お客さまの並び方が、あいまいになりがちなんですねー。

1m空けて立つ人と、気がつかず直ぐ後ろに並んでしまう人もいます。

お店側は床に足型シートを貼り、立つ位置を指定しているのですが、

指定されていることに、気がついていない人が多い。

カード・ポイントカード・現金受渡しのリスク

レジ係のお仕事は、どのお客様にも、色々聞かなくちゃいけないから大変だな~と思います。

喉が乾くだろうな~って・・・

「ポイントカードをお持ちですか?」

「現金でお支払ですか?」

この2点は必ず聞かれます。

カードを出す時、ポイントカードの受け渡しのとき、リスクがあります。

お店によっては、「ポイントカードをご自身でココに差し込んでください」

というところもあり、あ、それがいいよねーって思います。

ところが差し込むカードの方向が分からず、もたもたしていると

レジ係の方が、つい手を出してしまうことがあり、

「あ、ごめんねー」と思います。

でもポイントカードは、レジ係が通すお店がまだ多い。

レジ係の方も不安に思いながらも、仕事だから仕方ないんだろうな~💧

レジ係とお客様との距離も、接近していて1mもないし。

現金の手渡しがリスク

お金は、大勢の手に触れている、それを誰もがお財布に入れています。

それを、双方の手にとり、レシートと一緒に手渡します。

ココが一番のリスクになるー。

だから、ペイペイなどのキャッシュレス支払いがいいということになるか~!

私もまだ現金支払いだけど、もうキャッシュレスに移行した方がいいと思っている。

セリフレジの方がリスク少ない

セルフレジなら「確認」ボタンと、領収書がいるか要らないかのボタンだけで済むので、いいと思います。

できるだけ、セルフレジを使いたいですよね。

実際に、セルフレジの台数の方が多いし。

私の対策はマスクと手袋!

私は外出時には、マスクと手袋を欠かさずつけて対策をしています。

お金の出し入れに、お財布からお札1枚を取出しにくく、その時だけ手袋を外すことがあります。

家で受け取る際にもリスクはある

ネットスーパの配達がきたら、私は家でも手袋をするようにしています。

宅配便も同じリスクはあり、家に居ても外からの感染リスクにも、注意をするようにしています。

ネットスーパからの商品は、冷凍や野菜など商品カテゴリー別に、ビニール袋に分けて渡してくれます。

親切ですよねー。自分でスーパーで買うより丁寧に渡してくれますよー。

そのビニール袋も無料です。

気持ちよく配達してくれるネットスーパですが、

実はそのお店のリアル店舗で感染者がでて、しばらく休業していたこともあります。

お惣菜部門からでした。

お互いの安全を思って、受渡しのときには手袋をつけています。

キャッシュレス支払いにしよう!

やはり、ペイペイに変えようと思っています。

感染リスクに対して、自分でできることを一生懸命やらなくちゃ!

タイトルとURLをコピーしました