スポンサーリンク

シニアのひとり暮らし感染リスク?考えてみた!

70歳の健康と暮らし

ひとり暮らしは、ひとりだから感染リスクがないようだけど・・・アル!

スポンサーリンク

一日中、テレビを見ている暮らし

家に居る時は、ほとんどテレビをかけている生活

音がないと寂しいのかな~?

分らないけど・・・よく分からない!

一日中、話さない日も多い

誰か人が来なければ、誰とも話さない日もある、結構ある。

だから、テレビと笑ったり、びっくりしたりしている。

テレビでも入れておかないと、笑う種がない!

時折、ラインが届くと直ぐに開く、

返信も早い!ヒマだもん!

私の友達は、まだスマホではない人も結構いて、

ラインで通信できない人もいる。

そんなお友達は、ショートメールをしても電話がかかってくる。

そう、電話の方が落ち着いて話ができるというタイプ!

お互い、話せないストレスが溜まっていた! 

昨日も、二人にメール、ショートメールを流したら、二人とも電話が返ってきた。

1人は、メールで会話できるのに、昨日は二人とも☎で返ってきた。

2人とも、久しぶりに長電話、話せると何だか元気が出るから不思議ーーー

やっぱり、声を発するというのは、人間の暮らしに必要なことなんだ!

そうだよねーーーやっぱり!

2人とも、ご主人がいて病院通いをしたり、介護があったりの生活

会って話ができるまで、ガマンの日々はいつまでか分からないのが辛い処!

でも高齢者は、感染リスクが高いと思っているので、ちゃんと我慢しています。

今後は、友達と会ってランチする時も、

きっと、携帯用消毒ジェルを持って行くでしょうねー。

郵便物、人の手から自分の手によるリスク

郵便受けには、毎日郵便物やチラシが入っている。

それを、取出さなければならない。

しかし、その郵便物、誰かが封書に入れて投函したものの筈。

チラシも、誰かが手に持って配達してきたもの。

それを、私が郵便受けから素手で触って取出すわけで。

ウイルスは、何日も生存しているというから恐い!

これこそ、リンクが追えない!

何処にでも感染のリスクはあるということに。

宅配業者、お互いのリスクあり!

手で、荷物を運んでくれる人たちも、

きっと、複雑な思いをしているに違いないと思うけど。

印鑑を使う受領印は、自分でハンコを押せばいい。

最近では、スマホの画面を出されて、その画面にサインをして、受領印になるケースが増えている。

しかし、そのサインも相手の画面に、私の手でサインをするわけだ。

何でもIT化だーーー

これは、お互いに感染リスクがある。

きっと宅配業者の方たち自身も、リスクはあると思っている筈。

わずかでも話をする必要があるし、

インターホンで家人を呼ぶとか、出れば挨拶をしてくれる。

受け取って、家にいれた荷物の箱を除菌ティッシュで拭いていますが。

人と人との社会だから、防ぐと言っても限界がある。

家族がいない分人との接触が少ないので、感染リスクは少ないと言えるかも知れません。

食べて、栄養補給し免疫を落とさないように

ま、食べ物だけはしっかり確保しておけばいいかッ!

それしかできない😢

タイトルとURLをコピーしました