スポンサーリンク

これからのマスクを予想してみる!

70歳の健康と暮らし

私が生きてきた歴史上、これほどまでマスクに関心が高まったことはない!

スポンサーリンク

マスクの規格が一辺倒ではなくなった!

中国からの輸入が入らなくなって、

感染拡大しているこの時期に、みんなが困り果ててしまった。

使い捨てのマスクは、衛生的でいいけれど、

そうも言っていられなくなった。

手作りマスクの考案が始まった!

私も直ぐに、作ってみた。手軽なキッチンペーパーで。

簡単にできるものを色んな人が、考案して、

披露するようになりました。

布製の可愛いマスク・お洒落なマスク

マスクは、無地とは限らない!

柄物もので可愛くて、お洒落なものを

街を歩くと、よく見かけるようになりました。

マスクがこんな事態になったからこそ、

可愛いマスクを作る人が、増えてきました。

有名ブランドが、布地のお洒落なマスクを販売するようになり、

生地や柄、雰囲気がどんどん多様なものが出てきました。

政府から、1世帯2枚のマスクが配布されると発表がありました。

昔からある、四角い布製の古いタイプのマスクですが。

あれは、顔にピッタリ合うことが難しいタイプです。

融通が利かない素材なので。

有名ブランドが続々お洒落なマスク製造中!

使い捨ての不織布マスクは、需要がずっとあると思いますが、

色んなブランドが、お洒落なマスクの発売を発表しています。

今は、シャネル、アルマーニ、グッチ、

バレンシアガとイブサンローランも

マスク生産に乗り出しましたよねー。

他にも、たくさんのブランドが、

医療用マスクや防御服を、生産しています。

マスク無縁の異業種からの生産も、相次いでいます。

シルクサテン、抗菌加工、新素材が!

各ブランドが競って、魅力的なマスクを出してくると思います。

異業種が意外と、新素材で新しい発想でやってくるのではないかと。

コロナでなくても、感染問題は人間にはつきものです。

需要は必ずあるわけですもの。

ストラップのサイズ感、こすれの問題!

紐などストラップが耳が痛くなる。

マスクの生地がこすれて肌荒れを起こす問題

話をする度、マスクが移動してしまう問題

私、個人としては、マスクは、話をする度に動きやすいので

鼻とあごをしっかり包み込んでくれるような

フィット性の高いマスクができたらいいな~と思います。

その意味で、私は今、ピッタマスクを使っているのですが、

色んな問題を解決してくれるマスクが

販売されると嬉しいと思います。

将来は、素材・機能UPお洒落なマスクが登場!

色んなメーカーが出すということは、

「他ではないものを」と思って企画してくるでしょうから、

私たち消費者にとっては、マスク選びが楽しくなります。

体調が悪くても、マスクがお洒落で楽しく使えれば

気分もアップして、癒されますねー。

顔の半分以上覆うマスクの役割は重要な使命!

何と言っても、顔の半分以上、しかも顔の中心を覆うのですから

マスクの使命は大きいと思います。

素材、デザイン、色など是非工夫をしてほしいと思います。

マスクは、医療的要素が高いですが、

顔という造形から、デザインを考えてみるのも

いいのではないかと思います。

きれいな、楽しいマスクの開発、私楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました