スポンサーリンク

公衆トイレのハンドドライヤー使えない?

70歳の健康と暮らし

駅やデパート、ショッピングセンターなど、街中のお手洗いに設置されている、ハンドドライヤーが使えなくなっている。

スポンサーリンク

ハンドドライヤーが使えない状態に!

温かい温風で手を乾かす、ハンドドライヤーですが、

公衆トイレには、殆どの施設で設置されていましたよねー。

手を洗った後は、普通に手を出してハンドドライヤーで乾かしていました。

それがこのところ、コロナウイルスの関連からか、

どこの施設も、張り紙があり使えない状況になっています。

便利なハンドドライヤー細菌拡散していた

特にトイレは、便に多くの細菌が含まれています。

手洗いの後、ハンドドライヤーに差し出す手が、

石鹸で十分洗えていれば、細菌が広がることも

防げますが、洗い方が不十分だと、

水しぶきの中に含まれている、菌やウイルスを

水しぶきと一緒にまき散らしているのだと。

その水しぶきが付着したところを、

手で触れば感染の原因をつくります。

狭いスペースですからつい、触れてしまう事ってありませんか?

温かい温風で手を乾かして、気持ちいいですが、

ハンドドライヤーの中は、そうゆう環境にあります。

トイレの菌5分経過しても約50%残る!

専門筋では、細菌の検証もしていて、

ドライヤーの近くの空気中に、菌が15秒間とどまっていて、

5分経過しても約50%も残っている

ということが分かったそうです。

だから、どこの施設でも使えなくしているのですねー。

ちゃんと検証していたんだー!

15分空けて入るなんて?無理!

大勢の人が共有しているトイレでは、

簡単にさっと洗ってしまう方も、多いですものねー

手に菌がついたまま、水しぶきに含まれる菌やウイルスを、

まき散らしているんだー!

安全に使うのは、前の人が使っていたら、

15分以上、空ければいいと言いますが・・・。

これは現実には、難しいですよね。

入る前に前の人が使ってから、

15分以上経っているかな~?なんてわからないもの。

ハンカチかペーパータオルを

この頃は、ハンドドライヤーがあるため、

ハンカチを持ち歩かない人が多いようです。

ペーパータオルを使うか、清潔なハンカチを持ち歩き

手洗いをこまめに行いましょう。

その上で、アルコール消毒をすれば万全ですね。

タイトルとURLをコピーしました