スポンサーリンク

シニアの独り暮らし、食料心配になる!

70歳の健康と暮らし

小池知事の発言から、買いだめに走る人が増えています。

スポンサーリンク

都市封鎖=食糧難になるかもという不安心理!

都市封鎖(ロックダウン)という新しく、恐い言葉!

えー”緊急事態宣言„の可能性があるんだ!

そう思っただけで、女性は食料を買いに走る!

え~なんでー?ってビックリしましたが、

考えたら、気持ちはよく分かる気がしてきた。

女性は家族の生活を守らなくちゃ!と

テッシュペーパーやトイレットペーパーが

買い占められて、一時店頭からなくなった!

間もなく、買えるようになったが。

しかし、マスクは、政府が

「○○枚製造販売できる体制を作った」

と言っても、未だに店頭にありません。買えないのが現実!

こんなことからも、政府のいう事だけでは、

安心できないわけですよねー

いつ、我々末端に降りてくる情報なのか???

子供が家に居る状況では食料が心配

自粛要請で学校が休校になり、子供が家にいる現況を見るにつけ

あ、食料が心配!と言って走るのも、私はうなずける。

主婦は、家族の口を守らなくちゃ!

ひもじい思いはさせたくない!

そう思いますよねー。

医療が崩壊しないか心配

感染者数の最多更新を見ていると、

この先、長いような気がする。

医療従事者がたくさん感染している。

東京、台東区の永寿総合病院という

400床のベッド数を持つ、中核の病院、

一日、800人の外来患者を診ているところです。

ここで96人の感染者が出ており、

院内治療している人が、現在60人だと言います。

救急病院の受け入れを中止していると。

”断らない病院“で有名だったと言います。

そんな病院が、限界にきているという現実があります。

こう考えると、この先、何が起きるか想像できる気がする。

いや、想像したくないけど、現実を見ていかないと・・・

病院も困っているし、病院へ行く私たちも安心して行けない。

信頼している、掛かり付け医院に行くことさえも、

今は、躊躇してしまう!

1人暮らしのシニアさえ不安になる

一人っていうのは、何かがあったら心配になります。

人に頼らず、自分で困らないようにしておきたいから・・・

私のようなシニアは、いつ何があっても

人に迷惑だけはかけたくないので。

備えをしておきたいと思うのです。

買いだめというほどでなくても、ある程度は買っておきたい!

万全な人間でなくても食料は買いこむ

こうゆうと、全てが万全な人間に思われるかも知れませんが、

そうではありません。

例えば、地震にしっかり備えをしているかと言えば、「いいえ」です。

地震の備えはキリがなくて、どこまで用意していいか分からないものー・・・

簡単にできるからです。食料を買っておくことは。

それに、食料は余っても困ることはないし・・・

買いだめする人、みんなそんな思いからするんだと思います。

マスクのように一度、重要なものが買えなくなるという

経験をしてしまうと、

早めに早めにと、走ってしまうのは、

人の心理として、仕方のないことだと思います。

いずれにせよ、今は自分で感染しないように

しっかり出来ることをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました