スポンサーリンク

マスク、短い時間の保管はどうするー?

70歳の健康と暮らし

マスク不足の今、マスクの扱い方についてTV番組を参考に。

スポンサーリンク

マスク不足、未だ解消されず!

感染症専門医の水野泰孝、グローバルヘルスクリニック院長のお話から学びました。

今、お家にマスクが十分足りている人っていますか?

政府では、何万枚生産するとか言われていますが、

私たちの手元に、一向に届きませんよねー

お店にあれば、即買いたい人が大勢いるでしょうけど・・・

私もそうですが、買えませんよねー

仕方なくマスクを使いまわしている現状

一枚のマスクを、数日使いまわすとか、

洗いながら使うとか、工夫しながら使っている人が多いけど・・・

そりゃ、新しいマスクを常に使いたいと思いますが、

買えなければ、何とか持たせるしかない!

マスクしていると飛散を防止できる!

マスクは効果がないとか、いろいろ言われていますが、

マスクは、自分から発する病原体を

まき散らすのを防ぐわけですよねー

マスクという一枚の壁があった方が、

何もしていないより、飛沫感染率を高めると言われます。

至近距離での予防、手が届く距離での感染を防ぐそうです。

マスクを外した時の保管は〜?

番組では、3つの例をあげて、視聴者の答えと、水野医師の回答を伝えていました。

・机に置く

・袋に入れる:(視聴者の答えが、断トツ多かった)

・あごにかける

水野医師の正解は、『机に置く』でした。

但し、近くに咳をする人がいれば別問題ですね。

机に置いて、テッシュを1枚かけておけばいいと言っていました。

実は私も、机に置いたあと、気持ち的にそのままでは、菌がついていたら、舞い上がっても嫌だし、次に使う時、ほこりがつくのも避けたいので、

テッシュペーパー1枚に、ふわ~っと挟んで置いています。

短時間しか使っていなくて、マスクの在庫も少なければ明日も使うかも知れないと思って・・・

スーパーでは、不特定多数の手が触る

無用な外出を避け、自粛していてもスーパーくらいは、行くことが多いですね。

わずかな時間しか使っていなければ、

このご時世、直ぐに捨ててしまうのも、もったいないかな~・・・?

水野医師のお話では、

スーパーなどは、換気ができているし、

歩きながら、動いているので大丈夫でしょうと。

スーパーで、一番気になるのは、“不特定多数の人が触ったものを、自分の手でまた触る!という行為が気になります。

みんなが同じもの、野菜の袋などだいたい触る位置って、同じ場所だと思うのですが・・・。

スーパーに限らず、お店で商品を触りそうな位置は、きっと同じような気がします。

商品を触った手で、つい顔を触ることもあります。

それを防ぐ目的で、マスクをした方がいいと言えますよねー。

ツルツル素材なら48時間~72時間生き延びる

ツルツルしたものが、ウイルスは大好きらしいので。

布製のものに付着したら、24時間~48時間

ステンレス製に付着したら、72時間もの間、ウイルスは、生き延びるそうです。

ピッタマスク、洗って干して明日また使う

外出から帰ったら、直ぐ手を洗います。

その後、直ぐにピッタマスクを、洗います。

型崩れもせず、乾きも早いので便利に使っています。

乾いたら、買った時の袋は、出し入れしにくいので

私は、小さなファイルに入れています。

タイトルとURLをコピーしました