スポンサーリンク

超ミニ水筒ポケトル、ホット珈琲を無駄なく機嫌よく飲み歩く人は誰?

70歳の健康と暮らし

日本最小の超ミニボケトルに私、ハマっています。

スポンサーリンク

カフェで飲むホット珈琲、美味しい温度は短い

スターバックスや、コメダ珈琲店などのカフェで、

注文するホット珈琲は、カップが大きいので

飲み終わるのに時間がかかります。

 

人とおしゃべりしながら飲むことも多いと、尚更冷めてしまいます。

半分くらいになった頃には、温度も冷めていて

私は、あまり美味しく飲めないのです。

 

それ程大きなカップでない喫茶店でも、

ホット珈琲が、美味しい温度で飲める時間は、限られています。

 

超ミニ水筒に、まだ温かい珈琲を入れる♨

珈琲が少し冷め始めたら、

超ミニ水筒、ポケトルに入れました。

 

温度がそのまま、変わらず飲めるので、美味しいままなのです。

これはとてもいい方法だと、思いました。

 

妹夫婦がきて、そんな話をしていたら、妹の夫が、

「今、スタバなんかで飲んだ温かい珈琲を、

飲み切れなかったら水筒に入れて、持って帰るんだよ!

それを歩きながら、飲むのが流行っているんだよー」

 

妹の夫は定年後、家に居ることが多くなったので、

テレビ情報も多くなったようです。

「テレビで、言ってたよ、爆発的に売れていて、

売り切れのお店、多いらしいよー」って。

 

「俺もこの頃、ホット珈琲入れて、

350mlのマイボトルで、飲みながら歩いているんだよー!

なかなか気分いいよー」って!

 

それにしても、これは喫茶店にとっても

珈琲を最後まで飲んでくれるのでうれしいし、

珈琲好きの人間には、やっぱり便利な水筒ですね。

 

温かいまま、冷たいまま飲める水筒は便利

珈琲でなくても、ジュースを入れても何でもいい、

自宅で、生ジュースを作って、水筒に入れる人もいるでしょうし

アイスコーヒーやアイスティなども、

水筒に入れておけば、冷たいまま美味しく飲めますね。

温かいものは温かく、冷たいものはやっぱり、冷たいままで飲みたいですよねー

超ミニ水筒は、カップ1杯分の120mlなので

丁度いいんだと思います。

男性なら、もう少し大きい方がいいと思いますが・・・

 

ペットボトル禁止化の影響か?

ペットボトルが環境問題になっている昨今、

脱プラスチックに向かって、取り組む企業が増えています。

それがあって更に、ステンレス製である水筒の人気が、加速しているようです。

 

コンパクトでお洒落に水分補給できる!

ステンレス製ボトルが超軽量で、しかもお洒落!

直飲みできて、洗いも簡単!

保温も保冷もできるし、コンパクトです。

コンパクトだからこんなに流行るのですねー♪

形状もシンプルで、洗うのも簡単なところがいい

 

時代は、コンパクト化ですね。

支払いも、お財布をもたないキャッシュレス化の流れが・・・

それに伴い、あ、どっちが先か分かりませんが、

バッグも、小さいタイプが流行りですものね。

この水筒なら、小さなバッグにもしっかり入るサイズですね。

何と言っても小さい、手のひらサイズです。

縦は、スマホと同じサイズです。

14cm×4.5㎝で超軽量、可愛いボトルです。

当分の間、私はこのマイボトル、ポケトルを

肌身離さず持っていると思います。

 

高齢者にとって、水分補給できる容器は必需品です。

持ちやすく、快適なサイズですね。

超ミニ水筒、人気は若者だけではない!高齢者も必要な快適さだった!

主婦が苦手の排水口のヌルヌル、超簡単!掃除が減る

ロングプレスしたら、朝の”あの苦しさ〟に変化がでてきた!

話題の【洗濯マグちゃん】予想以上の仕上り感!肌触りが好き!

タイトルとURLをコピーしました