スポンサーリンク

”60代のくすんだ手〟ネイルでくすみ飛ばすコツ!

70歳のネイル
Beautiful female hand with red nails on white background with floral decor around

60代になると、手のシワや爪が気になります。

スポンサーリンク

手のくすみ、ネイルの輝きで飛ばせる!

手のケアで、外せないのはやはり爪ですね。

60代になった手には、ツヤがなくなり、

くすみがでて、シミもあります。

そんな手にも爪に、色があり、つやつやした透明感の輝きがあると、

見た目の印象は、「きれいな手」そして、「きれいな人」

という印象を持たれることを、ご存知ですか?

指先の輝きは「全体の美人」を創る

つまり、爪はきれいな手を印象づける、

大きな、ポイントになるのです。

全体を印象づけるほど、雰囲気の決定打になるのです。

 

「年齢に見合った色」を無視すると失敗!

シニアがネイルをする時、失敗するのは

「手の年齢に合う、色とデザイン」を無視した時!

60歳以降のネイルは、若い頃と同じではキレイに見えません。

 

若い頃は、どんな色でも、どんなデコレーションもOKでしたが、

大人になるにつれて、ネイルでできることは限られてきます。

大人ネイルはシンプルが一番

大人の手をきれいに見せるためには、

シンプルな方向に持っていった方が”

見え方としての効果〟が得られます。

ピンク、ベージュ、グレィッシュなどが鉄板です。

が、しかし、ピンクといっても可憐な白っぽいピンクでは、

かえって手が浮いてしまいます。

 

くすみが目立たない、ピンク色が必要なのです。

可愛すぎた色は、手から浮いてしまい

ただただ、くすみを目立たせてしまうだけですから。

シアーなピンク、渋めのピンクがおすすめです。

グレーがかったピンクや、

ベージュがかった色味などが、くすみが目立ちません。

 

アートは小さめがカッコいい

アートも、インパクトのある大きなものより

小さめのシンプルな、スタッツなどにしておいた方が

カッコイイと思います。

 

かなり派手で、強いキャラクターの方でしたら

ハマるかも知れませんが、

普通は、クールでシンプルなものの方が

上品で、カッコよく見えます。

 

大人ネイルは、あくまでも「手をきれいに見せる」

という視点で、色やデザインを決めることが

失敗しないコツと言えると思うのです。

2月のネイル

「手をきれいに見せる」という視点から決めた、今月のネイルです。

渋めの赤+オリーブグレー

大豆色のような赤みの、少し暗い、赤紫とも言えますね。

それとオリーブグレーです。

緑みのふんわりした色です。

 

前回の、色やデザインと似ています。

この頃は、シンプルな2色のワンカラーが多いです。

赤の爪には、小さな四角いゴールドのスタッツを、1個入れています。

 

グレーには、爪の周りをゴールドで細く、グルっと囲っています。

ゴールドが仲介役となって、隣同士を馴染ませてくれています。

仕事にもOKですし、お洋服も選びません。

 

ワンカラーでは、1色というのも寂しい気がして・・・

2色で、シンプルに決めています。

これで、手の見え方は安心です。

残酷な爪は、切り方で悪化する、正しい切り方を知ろう!

60代で仕事がなくなったらどうしますか?

50代、将来お金の苦労をしないための立て直しのとき

話題の【洗濯マグちゃん】予想以上の仕上り感!肌触りが好き!

タイトルとURLをコピーしました