スポンサーリンク

残酷な爪は、切り方で悪化する、正しい切り方を知ろう!

70歳のネイル

美爪はネイルだけではない!切り方を間違えると残念な状態に。

スポンサーリンク

爪のカットは形を決めてから切る

爪を切る時、どんな形に切りますかー?

・スクエア型

・スクエアオフ型

・ラウンド型

・オーバル型

・ポイント

主にこれだけの形があります。

ネイルサロンへ行くと、「どんな形にしますか?」

と聞かれると思いますが、自分の好みに合わせて

注文する人が多いと思います。

 

爪の両側を丸く切ってしまうより、

直線的に切る(スクエアやスクエアオフ型)が

爪の強度が高まるので、おすすめです。

角を丸く切ってしまうと、巻き爪の原因になることもあるからです。

美しく強度のある形はスクエアカット

スクエアカット:爪の角を残す切り方

メリット:爪の面積が広いので、指先が長く見える効果がある。

デメリット:角があるので、洋服に引っかかたり、欠けたりすることがある。

 

スクエアオフカット:スクエアカットの角を落とす切り方

メリット:スクエアカットのメリットを生かし、

角が引っかかるという、デメリットをなくした切り方

 

デメリット:特にないと思いますが、角を丸くして女らしさを

だしたい方には、好まれないかも知れません。

 

この2つの切り方は、爪の強度が高まり、割れにくくなります。

最も健康的なきれいな爪と言えます。

 

爪切りの選び方

 

グリップ型(テコ型)

爪きりでは、最も一般的なタイプです。

テコの力を利用して切るものです。

 

ヤスリ付きも多く、使いやすく比較的安価で手に入ります。

どこの家庭にも、きっと必ずと言っていいほどあるでしょうねー。

ヤスリがついていたり、飛散防止機能が付いているものが多いです。

 

ただ、上下の刃で圧をかけて切るので、

爪に負担がかかるため、柔らかい爪だと

二枚爪になったり、割れることがありますので、

薄い爪には、不向きかも知れません。

 

ニッパー型

両刃で、爪を削ぎ落すように切るタイプです。

爪への負担は軽く、弱い力でも切ることができるのが、メリットですね。

巻き爪や、変形してしまった爪を切るのに、適しています。

 

ネイルサロンでは、よく使われますが、

一般家庭では、価格が高めなので、手が出にくいかも。

 

他にも、ハサミ型爪切りもあり、

主に、赤ちゃんの爪を切るためのものですね。

 

どれも、慣れたものが使いやすいと思います。

 

エメリーボード

爪をきれいに切るために、一番いいのは、

エメリーボードで、丁寧にヤスリながら切るのが一番です。

エメリーボードは、爪きりで切った断面を

整えるために使います。何かと便利な道具です。

粗さは、種類がありますが、できれば細かい物が理想です。

ドラックストアで、何処でも買えます。

 

エメリーボードの使い方

一方方向に動かして、少しづつ断面を削ります。

往復して、さっさと動かしたくなりますが、

爪に負担がかかりますので、できるだけ一歩方向に使いましょう。

 

爪を切るタイミング

爪の負担を考えると、切るタイミングがあります。

お風呂上がりがベスト!

爪が柔らかくなっている時がいいです。

 

乾燥して硬くなっている時に切るのは、避けましょう。

乾燥していると、力を入れた時、爪にひびが入りやすいからです。

11月のネイルカラー

50代、将来お金の苦労をしないための立て直しのとき

60代で仕事がなくなったらどうしますか?

主婦が苦手の排水口のヌルヌル、超簡単!掃除が減る

ユニクロシャツは”伸び〜る„ということを知った!

 

タイトルとURLをコピーしました