スポンサーリンク

家運動+丹田呼吸の効果=脚のだるさがこんなに違う!

70歳の健康と暮らし
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家で行っている運動に、丹田呼吸法を取入れてみた結果をお伝えします。

スポンサーリンク

いつもの家運動に、丹田呼吸法を取入れた

毎日、健康にいいことを、常に心がけたいと思っていますが。

決めた運動を、1日3回はやらなくちゃ!

と決めていても、つい2回になっていたり

ひどい時は、1回しかやっていなかったなんてこともあります。

情けないですー

最近の私の健康習慣は、ロングブレスを取入れたこと。

美木良介さんの本を買って、読んで、CDで見て、

”これは、つまり丹田を意識した呼吸法なのだ!

と理解しました。

どんな運動にも、丹田呼吸法を取入れればいいのだと理解したわけです。

丹田呼吸法は簡単だった!

おへその下、3㎝くらいの位置が、丹田と呼ばれるところ、

そこを意識して、

①鼻から息を吸う

②口から息を吐く

これを、運動に取り入れることだけです。

 

❖真っすぐ立ち、

①丹田を意識して、お腹をうんと凹ませる

②両手を頭上に真っ直ぐのばし、鼻から息を吸う。

③手を外側から胸のあたりに降ろし、

☝これ位の大きなゴムまりを、

手で抱え込むようなつもりで、手に力を入れる

「気」を取りこむ意味もあります。

これを3回行う

 

❖脚を前後にひらき、

①右足の膝を後ろにのばし、左足を曲げる

②丹田に力を入れて、お腹を凹ませる

これを左右5回~10回行う

 

❖椅子に座り、お腹を凹ませる

①鼻から息を吸いながら、片足を思いっきり上げて下す。左右10回づつ

②口から息を吐きながら、片足を思いっきり上げて下す。左右10回づつ

ロングプレスしたら、朝の”あの苦しさ〟に変化がでてきた!

全ての運動に、丹田呼吸法を取入れると効果が違う!

ゆっくり息を吸って、吐き切る腹式呼吸は、

自律神経も整うため、リラックスできていいそうです。

私が実践していることは、たった、これだけですが、

身体のだるさ、脚のだるさが変わってきていると実感しています。

こんなにわずかな運動なのに!

 

正しい呼吸は、同じ運動をしても身体に対する影響がかなり

違うことを実感しました。

やっぱり、呼吸って大事なんだ!

と、しみじみ感じています。

マスクって本当に感染予防できるものですか?神話の実態!

 

タイトルとURLをコピーしました