スポンサーリンク

白髪を生かし、等身大で生きていきたい!

70歳のヘアー

グレイヘアを目指しています。カットが思うようにいかず悩みますが、ありのままの自分で生きていきたいのです。

スポンサーリンク

お気に入りのスタイルが続かない!

髪を染めることをやめて、数年経ちます。

「何とか、今の白髪を生かすヘアスタイルにしたい!」

そう思って、美容室を変えることで、

お気に入りのスタイルができていた。

ところが、お気に入りのスタイルは、3回で終わったのです。

その後、4回目からは何故かどうしても、

同じスタイルにはならないのです。

 

気に入っていた、白髪の流れもなくなって、

自宅でドライヤーをかけると、クセがでて跳ねてしまいます。

扱いにくいのです。

 

シニアの髪質難しいですか?

担当の美容師さんは、店長さんでもあるので

プライドが傷つかないよう、さりげなく伝えるのですが、

「はい、わかりました。」と言っても仕上りは、違います。

何回言っても満足しないとなれば、私もそうですが、

美容師さんも嫌気がさすだろうなー!と思い、

3回まではとても良かったので、

残念だけど、辞めることにしました。

 

別の美容室を探して、行ってみました。

「前髪を作り、サイドはコメカミのラインにボリュームを出して」

と注文しました。

 

その返事には、「のびた分、切るだけでもいいですか?」

と言ってくる。

アチャー、こりゃダメだ―😞

つまり、何の提案もなければ、こちらの要望にも応えられない。

 

ネットでは、技術力は解らないものです。

白髪を生かすスタイルって、難しいのでしょうねー。

髪質も悪くなり、ツヤもなくなり、薄くなっているので

美容師さんも、お客の要望に応えていくのは、

大変なのかも知れませんね。

要望は”白髪を生かしてほしい!だけ

私の要望は、白髪を生かしたスタイルを考えてほしい。

前髪やサイドに、白髪の塊があるので、

それを上手く、生かしてほしいのです。

 

白髪は、「白の塊を生かし、流れをつくるのがきれい」

と私は思っているのです。

 

縦でも、斜めでもいい、流れの塊を作れば

そこが大きなポイントになり、うんとお洒落になる❣❢❣

今の自分の白髪を生かして、等身大で生きたいのです。

 

顔周りの無造作な髪は疲れて見える!

自然が流行りだからと言って、形のないナチュラルと称した

無造作な、ボサボサ感の髪が、70歳を過ぎた顔の周りに

見えるのは、「疲れ顔」にしか見えない!

 

そもそも、シニアは顔そのものが、

シワやたるみの影、くすみが、いっぱいあるわけです。

 

そこに、無造作にまとわりつく、髪の色や形はシニアの印象を

大きく左右します。

メイクなしで、白髪のゴマ塩状態が目立てば

疲れて、老けて見えます。

”黒髪をぼかす〟という見せ方

黒い髪をブリーチして、真っ黒でなくして、

白髪と黒髪との、色差を目立たなくする方法を、

進める美容師さんが、多いようです。

 

それをお洒落だと進めますが、

しかし、私はそれをしたいと思わないのです。

それは、”染めた毛が伸びて白っぽく見えるだけ〟

私には、きれいに見えないのです。

 

それがお洒落だと言われても、私には、全体にぼんやり見えます。

アイメイクや、リップメイクをしない人だと、

特に、顔の印象がボケてしまいます。

 

白髪になれば、今まで似合わないと思っていた

赤い口紅などが似合うようになります。

赤のリップなんて、似合わないと思っている方も、

白髪になると、素敵に映えるようになります。

【グレイヘアの方必見!】間違いなくグレードUPするシミなしメイク!

60代からの顔周りは、ポイント作り強調!

60代からは、顔にシワやたるみが起きています。

緩んできた顔周りに、ぼんやりした色の髪は、

ぼんやりしたイメージを同化するだけ!

 

言い換えれば、“柔らかい〟とも言えますが。

白髪を生かし、等身大で生きていきたいと思うのです。

 

主婦が苦手の排水口のヌルヌル、超簡単!掃除が減る

困ることは食生活!高齢の一人暮らし

タイトルとURLをコピーしました