スポンサーリンク

60代のあなたを救う!もの忘れと認知症予備軍の違い!

70歳の健康と暮らし

60代になると物忘れが激しい!これって認知症予備軍?

スポンサーリンク

60代、まだエネルギーいっぱい!

考えてみたら、私も定年して

しばらく、暇をもてあましていた頃、

「まずい、私、頭がバカになる!」って不安になり、

新聞社のカルチャー教室で、メイク講座を担当した頃があります。

私は、何かしていないと、ホントにボケると思いましたね。

 

エネルギーがあるのに、何もすることがなくなると、不安になります。

60代では、まだまだエネルギーも十分ありますから、

60代、物忘れが目立つようになる

63歳の友達が、最近「私、この頃ホントダメなのよー」

「ホントにまずい!忘れることが多すぎる!」

私は、自分がそう思っている間は、大丈夫!って思います。

 

60代って、みんなそんな不安を抱えているのかも

知れないとも思いますねー。

これは、軽度認知症なのかなー?

単なるボケ症状?

私も他人ごとではないので、調べてみました。

 

MCI「軽度認知障害」生活に支障ない程度

軽度認知障害と言って、いわゆるグレーゾーンがあるようです。

MCI:軽度認知障害を調べてみると、

「本来の病気とは言えないが、正常とも言えない状態を指す」とあります。

 

認知症の前段階とされていて、近年注目されているようです。

認知の機能低下は見られるが、日常生活に支障をきたす程でもないと。

 

記憶や判断、何かをしようとする時、多少認知力が低下しているが

でも、普段の生活には影響がないという状態であることが、特徴のようです。フー(;´Д`)

 

誰にもある「ほらっ、あれよ!アレアレ」

以前から知っている人の名前が出てこない、

「あれ」「これ」「それ」などと代名詞で話すことが多くなったりする。

私、あります、あります!

 

最近の話題には、ついていけなくて雑談しずらくなった。

約束の日時を間違いやすい!

そうなんです!私、必ずメモります!ホントまずい!

 

お料理の段取りが悪くなった!

気力が萎えている!ホントにもう大変です!

 

同じことを繰返し言ったり、聞いたり

同じものを買ってきてしまったり、

あれ、何処にしまったっけー???

なんてこと、私はしょっちゅうあります。

 

MCIの定義は5つ

① 認知症ではない

② 日常生活に支障はない

③ 本人も周りも、記憶が低下してきたことを指摘している

④ 加齢の影響だけでは説明できない、記憶障害がある

⑤ 全体の認知機能としては、問題ない

 

認知症の初期症状こんなことが!

・今日の、日にちが分からない!

・さっき、食事したことを忘れる!

・最近、聞いた話を忘れる!

 

・同じことを何度も繰り返す!

・使い慣れた言葉や単が、思い出せない!

・話がかみ合わない!

 

・会話の理解が難しい!

・昼と、夜の区別がつかない!

・間違いを指摘されると、言いつくろい、

つじつまを合わせようとする!

 

こうなると、日常生活に支障が出ますね。

当然、トラブルにもなりますよねー。

 

やはりMCIの時に、しっかり対策をとった方がいいようです。

以前と比べて、何かおかしいと思ったら、

「もの忘れ外来」で相談した方がいいそうですね。

 

MCIにならないための予防策

食生活や、適度な運動などが大事!

家族とのコミュニケーション、趣味の継続など

生活面を心がけることで、改善できるそうです。

 

このグレーゾーンから、アルツハイマー型認知症に

進行する割合は、年間5〜10%だと言います。

この中には入りたくない❣❢❣

食生活は五感で楽しんで!

 

食事では、味覚だけでなく、見た目の色、香りなども

意識するといいといいます。

家族がいれば、会話も交えながら楽しい雰囲気の中で

お食事ができると、脳にもいい効果が得られるそうです。

 

趣味があるといいけど

好きな趣味があればいいのですが、

脳への、いい刺激が与えられることは、

改善にも役立つのだそうです。

MCIになると、趣味の集いなどにも参加しなくなるといいます。

私の63歳のお友達、まだMCIにはなっていないですね。

良かった!

 

タイトルとURLをコピーしました