スポンサーリンク

50歳から老けない大切な化粧ポイント、5つの清潔感だけ!

70歳の肌とメイク

50歳の化粧ポイントは、何を意識すればいいの?

スポンサーリンク

50歳からは、肌や瞼が変わる!

50歳、更年期のころ、肌や目元、眉などに変化を感じます。

これまでの化粧術では、どうもダメなのかな〜と思う方が多いですねー

肌は毛穴が目立ってきたりしますし、乾燥度も増してきます。

目元は、瞼が下がってくる人もいます。

本当に下がって、眼瞼下垂になるのが目立つのは、

60歳からが多いものですが、

50代で下がってくることもあります。

 

お手入れを続けてさえいれば、肌の変化もなだらかですが、

それほど、力を入れてお手入れをすることが、できなかった方は、

毛穴が目立ってくることがあります。

 

 

50歳からは、清潔感を意識する!

顔は、歳と共に頬のまわりや、瞼の周辺にたるみ現象が起こります。

たるみ、つまり”影〟ができるということになります

影は、疲れて見えたり老けて見えたりします。

 

 

その影をそのままにすると、清潔感を感じられなくなります。

50歳からの化粧は、1にも2にも、清潔感!

清潔感づくりを意識することが大切です。

 

清潔感は、歳を重ねて複雑になった顔を

明るくシンプルに見せて、シワさえも年輪、

という味に変えてくれます。

 

ファンデーションは全体には、濃くしないこと。

薄くつけた方が、シワも目立ちません。

濃くつければ、表情が動くたび、ファンデーション

がヨレてシワが現れます。

 

シワのある部位には、決して濃くしないことが重要です。

頬の高いところだけに瞼よりは、厚めに塗ることはよいことです。

 

加齢による顔の変化を、カバーできるのは、

「肌の清潔感」なのです。

肌のお手入れは努力した分だけ!

産れつき、美肌の持ち主もいますが、

それでも、50歳を過ぎれば必ず肌は乾燥が進み、

毛穴が目立ってきます。

シミやたるみも増えています。

 

最低限のお手入れをしてきた方は、50歳から違いがでてきます。

最低限とは、次に示した項目ですが、

肌のお手入れは、した分自分に跳ね返ってきます。

努力をした分は裏切りません!

歳を重ねた時、必ず報われます!

 

50歳からの清潔感に必要な5項目

一日の汚れ、メイク品はクレンジングできちんと落として、休みましょう。

化粧水は、これまでの1.5倍肌に入れましょう。

クリーム保湿が奪われないように蓋をしましょう。

紫外線のピーク時間はできる限り外出を控えましょう。

睡眠を十分とるような生活にしましょう。

肌の清潔感が、50歳からの化粧に差がでます。

テクニックは、こちらの記事に書きましたので

お時間がある時にでも、是非ご覧くださいね。

大人の肌、圧倒的に美しく見せるのは湿度の状態、肌は乾きやすい

シニアの肌 60代からはもっと簡単でいい 経済的効果が上がる方法

 

タイトルとURLをコピーしました