スポンサーリンク

グレーヘアー途中・黒髪ぼかしを生かし素敵になる為に

70歳のヘアー

グレーヘアー真っ只中!スタイルが決まらない!

スポンサーリンク

グレーヘアー進行中、今が大変なとき!

60代で、白髪混じりのヘアースタイルに試行錯誤し、

髪の毛で試行錯誤した60代が一挙に目覚めた理由は?

70代に入ってからは、腹をくくってグレーヘアーに移行しました。

グレーヘアー、完全なる白髪になるまでが大変です。

今が、最も大変なのかも知れません(~_~;)

 

前髪とサイドの白髪の塊、7割のゴマ塩!

白髪の量は、どれくらいかと言うと、

白髪が多いか、まだ黒髪が多いか?

白髪が多いのは、前髪と両サイドに塊があります。

後ろは、まだ6〜7割程度でしょうか?

ゴマ塩状態ですねー

今ある白髪を生かすスタイルを!

完全なる白髪になるまでの、これからの数年間が

最も長いと思います。

今の髪の状況をどうしていくかは、

私にとっての大きな課題です。

 

現在の髪質と、白髪の量、そして白髪のある場所を

生かしたいと思うのです。

そんな美容室を、模索しています。

 

シニアの髪質に合ったスタイルの提案を!

美容師さん、流行りのスタイルは、よく学んでいると思いますが、

高齢者の髪に、流行りのモノは慎重に考えてほしいです。

 

必要なところが薄くなってきたり、少なくなっていたり、

ツヤもなく、パサついた髪質になったり・・・

クセがひどくなったりしています。

様々な悩みを、抱えて生きております。😢

私が望むことは、今現在の髪を生かした

素敵なスタイルを、提案してくださり、

自宅でも簡単にできるスタイルが、一番うれしいのです。

 

高齢社会になったからと言っても、

若い美容師さんが、高齢者の髪質やニーズを把握することは

とても難しいことだと思います。

 

経験値から、年齢的な髪質を理解するのは、簡単ではありません。

マニュアルからの理解しかできません。

シニアの好みを把握することも、難しいと思います。

 

流行りのナチュラル、無造作はご法度!

何故なら、近年のスタイルの主流は

無造作で、ナチュラルな雰囲気を学んでいますから、

仕上りの時に、5本の指を広げて髪全体に当てて、

かき乱すようなしぐさを、よく見かけます。

 

白髪のゴマ塩状態の髪に、これをすれば、バサバサにしか見えません。

シニアは、顔の周りに、バサバサ感があれば、疲れた印象にしか映りません。

シニアに、これだけは是非、止めていただきたいと思います。

無造作で、ナチュラルなスタイルは、

肌にハリがあってこそ、カッコよくなるのです

 

黒髪ぼかし、誰にも安全な溶剤はない

シニアに、よく奨められるのは、

白髪対策として、黒髪を柔らかい色に染めて、

黒髪を目立たなくする方法。

薄いピンクやパープル、ベージュに染めたりすることが多いですが、

 

私は、折角髪の毛にダメージを与える、毛染めをやめたのですから、

もう、染めることはしたくないと思っています。

他の色をつけるために、薬品を入れることは、

したくないのです。

何年もかけて、決心したのですから・・・(笑)

 

「ダメージが少ない方法で、できますよー」

と言いますが、トリートメント的な溶剤を

作るにも、成分を安定させるためには、何らかの活性剤や

添加物を入れなければできません。

 

自然のモノ、植物系のモノでも、どんな髪質にも

安全などというものは、ありません。

植物系だからこそ、人によっては合わない物質もあります。

 

若い髪なら良くても、シニアの弱った髪質に

誰にでも、良いものというのは難しい筈です。

あ、言っちゃった!

美容師さん、ごめんなさい!💦

 

髪に負担を与えるために、時間もお金も費やすのは

私、気が進まないのです。

70歳の“パサつく髪「毛染め中止」「湯シャン」でツヤが戻った体験話

黒髪をぼかしたら、メイクUP+で素敵に!

そこで、グレーヘアーに向かっている方や

黒髪をぼかして、全体を柔らかい雰囲気にしたい方への

お奨めは、メイクUPです。

 

髪の毛の雰囲気が、柔らかくなるということは

黒髪の時より、言い換えれば、顔がぼんやりするということになります。

 

黒で覆われていた顔が、グレーっぽくなったり、

ベージュっぽくなったりすると、顔も一緒にボケた印象になります。

 

黒髪より、柔らかな色になったなら、

お洋服も、メイクも、明るい色が似合うようになります。

メイクをこれまでより、しっかりすると

とても、素敵になります。

 

口紅も、赤が似合うようになります。

是非、思い切ってメイクをきちんとしてみましょう。

 

しっかりと言っても、濃くというのではありません。

アイライナーをしっかり入れる。

をきちんと描く

口紅を明るめの色を使う。

髪の毛を変えたら、メイクも改めましょう。

これだけで、ず〜っと輝きます。

 

タイトルとURLをコピーしました