スポンサーリンク

インフルエンザ対策、今すぐできる大きな対策!

70歳の健康と暮らし

インフルエンザ、大流行です!対策は今しないと!

スポンサーリンク

病院では、加湿器を設置している

家の中の湿度が40%を割ると

インフルエンザウイルスなどの、ウイルスが、

活発になると言われています。

 

今の時期、病院へ行くと、必ず加湿器が設置されています。

これは、インフルエンザの感染を、防ぐためのものですよねー。

乾燥している場所にいると、鼻やのどの粘膜が傷つきやすくなります。

傷がつくと、そこから雑菌が入ってきます。

 

乾燥の場所は、インフルエンザウイルスが拡散!

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを

病原体とする、気道の感染症です。

冬は大気が乾燥していて、お部屋の暖房により更に乾燥が進みます。

 

空気中に、水滴などが少ないと、人が咳やくしゃみをした時、

勢いよく出た飛沫は遠くまで飛んでしまいます。

電車の中など、人ごみの多い場所では大変❣❢❣

それらに乗って、インフルエンザウイルスも

拡散してしまうと言われています。

 

今いる場所で空気が乾燥しているか、いないかは

私たちの身体に、大きな影響をもたらします。

 

冬場、特に加湿を意識することは、大変重要なことです。

ましてや、風邪を引きやすい方なら、

加湿を怠らないようにすべきでしょう!

からだって、乾燥にとても弱いのです。☟

からだは乾燥に弱い!湿度コントロールの確認を!

 

マスクを常にしている人を、見かけますが、

接客時の賛否両論もありましたね。☟

マスクでの接客に賛否両論!接客の心を伝える工夫さえあれば問題なし

 

マスクさえしていれば、風邪を引かない、

うつされなくて済むからと思っている”マスク神話〟もありますが

本当にうつらない?

お時間があれば、☟こちらの記事もご覧くださいね。

マスクって本当に感染予防できるものですか?神話の実態!

 

湿度50〜60%ウイルス感染力下がる

1961年に、とある有名な研究者が、

「温度20度以上、湿度50〜60%で空気中での感染力が下がる」

と言うことを、突き止めたというお話があります。

暖房はするけど、湿度は以外にも

気にしないという方も多いかも知れませんねー

湿度を気にしないと、ウイルスが増殖し、

風邪をまき散らす可能性が、あります。

 

起床時、咽の乾きは感染の可能性

 

朝起きた時、咽がカラカラになっているなら、

寝ているお部屋が、乾燥していたということ。

そこで、口を開けて寝ていたのが原因だと言いますね。

 

空気が乾いていれば、寝ている間にも

インフルエンザウイルスが浮遊していて、

感染するということですね。

オチオチ寝てもいられません(~_~;)

 

たった1個のウイルス、何万個にも増殖

ウイルスの表面には、タンパク質のトゲが突き出しているそうです。

人間がそれを吸いこむと、咽の上皮細胞にくっついてしまいます。

その後、身体の細胞から細胞へと進み、増殖していきます。

たった、1個のウイルスが

1日に何万個にも増えるそうですから、怖いですねー

 

お部屋の湿度は60%が目安

人間のからだを、全て包み込んでいるのは肌です。

肌にとって、乾燥は大敵です!

そのための必要なお部屋の湿度は、60%が目安です。

 

これ以下になると、自ら持つ身体の水分が奪われ、

乾燥がどんどん進んでいきます。

 

生まれたての赤ちゃんが持っている水分量が約80%

それが、大人になってくると、約60%になります。

そして、60歳以上になると、なんと半分の50%になってしまうのです。

 

乾燥=シワ深くなる➠シワ増える

そして、50代以降、60代くらいになると皮膚の土台である、

弾力繊維、コラーゲンそのものがゴワゴワと硬くなっています。

それが眼で見える、シワやたるみという現象なのです。

乾燥が進めば、どうなるかと言えば、

今あるシワが、深くなっていきます。

新たなシワが増え、たるみも増えていきます。

 

加齢とともに、身体の水分は少なくなるため、

どうしても乾燥が進みます。

一年中、注意が必要ですが、

特に夏の冷房と、冬の暖房をかける時期、

女性は、とても気をつけなければならないのです。

 

加湿すると暖房効果がUP!

暖房していても、お部屋の湿度が低いと、

体感温度が全く違います。

 

例:湿度に20%の差があると、

体感温度は、3%〜5%の差があると言われています。

エアコンの暖房は、1度下げると、

5%の省エネできると、言われますよねー

 

石油系なら、加湿器は不要

 

石油ヒーターや石油ストーブを使っている場合は、

灯油が燃焼されれば、水分が出ますから

加湿器は必要ありませんね。

 

私も以前、石油ヒーターを使っていた頃、

つけた途端に、お部屋全体がふわ~っと

暖かい空気に包まれたことを、思い出します。

 

灯油が燃焼されるときに、水分が発生しますから、

石油ストーブは、温度も湿度も上がるので、それだけで

十分暖かいですものね。

今は、灯油を使いたくないので、エアコンのみですが。

 

お部屋の湿度を、意識することは

健康を保つこと、肌を守ることでも、

とても大切なことですね。

 

湿度さえ上げておけば、

絶対、風邪を引かないというわけではないと思いますが、

ウイルスを身体に入れにくくする為の、

予防策として、自分でできる限りのことを

しておきたいと、私は思います。

 

タイトルとURLをコピーしました