スポンサーリンク

ロングブレスこんなにも簡単!インナーマッスル鍛えられるなんて!

70歳の健康と暮らし

最近のわたし、朝の動きが快調です。ちょっとロングブレスを取り入れただけです。

昨日も、ロングブレスについて書きましたので、ご興味ある方は御覧くださいね。

ロングプレスしたら、朝の”あの苦しさ〟に変化がでてきた!

スポンサーリンク

朝は、どんよりした空気が流れていた

最近はずーっと朝の体調がよくなくて、

行動に移すのに、時間がかかっていました。

朝の行動ってとても大事だと思っているので・・・

 

朝、ノロノロしていると一日中、

不快で、どんよりした空気が、流れているような気がします。

年々、そんなことが増してきたように思います。

 

歩けばいいのにー 一日3000歩とか歩けばいいじゃん!

って思ったりするのですが、

思っていても、あまりにも身体が重いので、

行動に移せないのです。

 

朝食とれば、即行動できる筈だったのに

少し前までは、朝食を摂れば血行が良くなるせいか、

朝食の後は大丈夫だったのですが、

この頃は、朝食を摂った後でも、身体が重くてダメでした。

起きてからの楽しみは、朝食なので、

その後は、しっかりと動ける筈なのに・・・

朝食はチーズ・ナッツ・レーズン・シナモン これ絶品!

1日3回のロングブレスで、朝の体調が変わった!

テレビで見て以来、一日3回、ロングブレスを実践しています。

物凄く簡単で、これで身体が軽くなるなんて、ウソのようです。

 

色んな運動法がありますが、きっと全ての運動に、

呼吸を意識すると、効果も全く違うものになるのでしょうねー!

呼吸って大事なんだとつくづく感じています。

 

一般に、運動するときも、よく

「ここで息を吸ってー、吐いてー」っていいますよね。

呼吸こそが、効果の出方にとても影響することなんですね。

一つ一つにちゃんと意味があるのですね。

無視しちゃダメってことです。はい!

今は、それを実感する毎日です。

朝起きて、朝食を終えたら、ロングブレスをします。

 

ロングブレス基本形:肋骨と腰骨の間を伸ばし、深く吐く

①両手は頭の上に、鼻から3秒息を吸う!

①かかとをつけて、つま先を開いて立つ

両腕を真っすぐ伸ばし、頭の上で重ねる。

すると、肋骨と腰骨の間が広がる

おへその丹田とお尻を引締めて鼻から5秒間息を吸う

「本には3秒間となっています」

②頬をふくらませ、口から20秒間息を思いっきり吐く

①の姿勢をそのままで、頬をふくらませながら、口から20秒間息を吐く

「本には10秒間となっています」

吐くときは、思いっきり吐くことが大事です。

呼吸は、深く、長くが基本!

 

私は、立って行いますが、

本には、椅子に座ったままできる方法も、書いてあります。

これを3回から5回行います。

 

インナーマッスルを鍛える

手を広げてボールをつぶすような動作

・背筋を伸ばし、お尻を絞めて、片足を出す。

・両腕を上に上げ、鼻から3秒息を吸う

・後ろの脚に重点をおき、背中から足までは

一直線になるように。

 

・上に伸ばしていた両腕を、ひじが下がり過ぎないように、左右に広げる。

肩甲骨がくっつけるように意識する。

広げた両腕を、横から大きなボールをつぶすような感じで、口から大きく7秒間吐く。

脚を前後に換えて同じように、3回づつ行います。

 

基本動作だけで、身体のだるさが変わった!

疲れ方も変わってきました。

歩くのも”しんどいな〜〟と思う時がありますが、

ロングブレス始めてからは、

”しんどいな〜〟と感じることも減ってきていますね。

 

まだまだ微妙な変化ですが、毎日続けます。

あまりにも簡単で、椅子も要らない、いつでもどこでもできます。

生活にほんの僅か、プラスしただけですが、

少しでも身体は、しっかり反応を示すんだな〜って思います。

石原慎太郎氏が、1年で歩けるように!

脳梗塞で歩けなくなった石原慎太郎さんが、

1年足らずのロングブレスで、歩けるようになったそうです。

テレビで、美木良介さんがおっしゃってました。

買った本にも、そのことが掲載されていました。

 

呼吸法は、脳に信号を送り、

脳が反応することで、認知症リスクにも予防できるそうです。

少しづつの変化の積み重ねが、いつか大きく変われるんだ!

と自分を励ましながら、今日もロングブレスをやっています。

体調がいいと、気分も明るくなり、前向きになれますねー。

シニア世代、首まわりの悩みはストールが解決!安心&迫力のお洒落

タイトルとURLをコピーしました