スポンサーリンク

あえて年末にキレイにする意味がなくなってる?環境は変わる!

70歳の健康と暮らし

新しい年をキレイにして迎える!という習慣を見直してみました

スポンサーリンク

お正月には”自分も部屋もきれいに!必要なくなった!

年末には、家の中をキレイに片づけて、

主婦も、自分の顔をケアをしたり、

美容室へ行き、髪の毛も整えたりします。

 

そして指先も、ネイルをしてキレイにしてお正月を迎える、

という習慣があるお家が、多いかと思います。

 

私も、長年そんな意識で過ごしてきました。

夫が亡くなってからは、暮らしが変わり、

歳もとったせいか、だんだんその意識も薄らいできています。

 

片づけも、独り身ではそれほど散らかることもなく、

自分一人が、暮らしやすいように物を置いていればいいので。

そんな私でも、年の暮れには、お正月三が日に食べるものを考えてみたりします。

 

我が家はおせち料理を、食べません。

デパートで購入したものを出したら、不人気だったので、それ以来買わなくなりました。

私、おせちを自分では作らないし・・・

簡単な正月飾りをする程度です。

 

お正月、来客がこなくなった

私には二人の姪っ子がいますが、

毎年、近くに住んでいる姪っ子夫婦が、元日にはお雑煮を食べに来るのが恒例です。

 

もう一人の姪っ子の子供が、冬休みでお婆ちゃん宅

(姪っ子たちの実家である私の妹の家)にくる前後で、

私の家にもきます。これも恒例ですね。

お年玉をもらいに来るのですが(笑)

 

ところが、今年は近くにいる姪っ子夫婦が、

元旦から旅行に出かけることになりました。

 

もう一人の姪っ子の子供たちも、

来春は受験の為、お婆ちゃん宅に来ないことになってしまいました。

 

妹も私も、何だか寂しい気持ちです。

そんなわけで、お正月のために何かをするとか、

整えるという必要が、なくなってしまいました。

 

子供達こない!お年玉どうしょう

 

あ、お年玉、どうしょう?

こないんだから、渡さない!ってことにする~?

これは、まだ迷っている。

近いうちに行く妹に、ことづけるというのも少し、違うような気がする。

 

お年玉は、”お正月に挨拶にきたから渡す〟

これが、本来の姿のような気がするし・・・

2月頃には、合格祝いも控えていることだしー(;´Д`)

 

いつもの年は、お正月を迎えるために、

自分自身も髪の毛をカットしたり

指先もネイルサロンへ行って、

ちゃんとキレイにして、新年を迎えるという習慣がありました。

11月のネイルカラー、テラコッタでこっくりと深い色味!

 

あえて、年末にキレイにしても?

しかし、お正月に誰も来ないことになった今、

暮れの、家の掃除や片づけをするこの時期に

あえて、自分の身をきれいにする意味ってあるのかな〜?

って考えてしまいました。

 

あえて、家の中を片づける時期に、キレイにしても・・・?

爪もかけたり、汚れたりするかも知れないし・・・

ま、どれだけの掃除や片づけをするかは、疑問もあるかな〜?

 

考えたら、年明けにキレイにすればいいじゃない!

と思えてきて・・・

 

今回のお正月は、自分一人のお正月になりそう!

寂しいけど、楽でいいや〜

と、負け惜しみを言っておこう!(~_~;)

 

家族の形態、環境も変わっていくものですね。

それぞれの新しい環境があって、お正月の過ごし方も変わりますねー。

家族ってそうゆうものなんですねー。

無印良品食堂に感動!ふるさとの味がおいしい、しかも銀座でこの価格

 

タイトルとURLをコピーしました