スポンサーリンク

キッチンで用途が多いふきん掛け、カッコよさに失敗した!

70歳の健康と暮らし

キッチンの台拭き、ふきんって出番が多くストレスにもなりやすい!

スポンサーリンク

ふきん掛けを快適に使いたい!

キッチンには、台拭きやふきんが、いっぱいあることに気がつきました。

あ、当たり前ですねー

それぞれ、使い道が違い、使う場所も違います。

私の整理収納は、ワンアクションが基本としています。

それぞれが、最も使いやすい位置にあって、

取り出しやすくなっていることが必要です。

キッチン このワンアクションが快適なのだー!

 

3ヵ所のふきん、用途

キッチンキャビネットの正面、左右の3ヵ所にふきんがかかっています

吸盤式のタオル掛けは、外れやすく、

マグネット式なら外れることがありませんが、

かけられる場所が限定される。

 

我が家のキッチンには今、3ヵ所のふきん掛けが設置されています。

自分でも多いな〜と思いますが・・・

用途を整理して書いてみました。

 

洗った食器を拭くふきん

 

☝キッチン右側にあるふきんは、洗った食器を拭くためです。

食器を洗って、上の棚に一時置きし、水切りした食器を

右手でふきんをとって、そのまま食器を拭くためのものですね~。

 

カウンターなどを拭く台ふきん

☝キャビネットの正面、調味料入れの脇に設置した台ふきんです。

つい先日購入したもので、台ふきんをかけています。

このふきん掛けは、カッコよさに惹かれて買いました。

 

カッコいいけど機能性悪い!失敗💦

しかし、ご覧のようにふきんを掛けるところが狭すぎて、

二つ折りにしないと掛けられないのです。

一枚にすると、写真のように半分は垂れ下がります。

 

更に、取る時、先の部分がゴムになっていて滑らないので、

ふきんが、スッと抜けてくれないのです。

何とも中途半端なサイズ感ですね。

よく検討して買わなかった私のミスでした。

 

サイズは元々記載されているので、分かっていたものの

裏全面に、強いマグネット式だったので、これがいいなと思って・・・

そして、スタイリッシュで、カッコよさにも惹かれてしまいました。

 

ココは、直ぐ下のカウンターをよく拭く場所なので、

リビングや、キッチンの台拭きをかけています。

 

洗顔代わりのタオル掛け

この位置では、ふきんではありませんが、タオル掛けとして使っています。

 

私は、洗顔を洗剤を使わずに、タオル洗顔をしています。

 

柔らかいガーゼのタオルを、洗顔専用にしています。

朝晩、使ったタオルをかけて乾かしています。

 

洗面所にかけて乾かせば、いいようなものですが、

何故か、ココにかけて乾かします。

リビングの暖房が届くので、早く乾くからでしょうかねー

 

ここには、レバー式の吸盤で全長72㎝のふきん掛けを設置しています。

吸盤でも、レバー式の方がとれにくいですね。

 

キッチンタオル…多すぎない?

 

 

ふきんの出番は多いと思うものの、

それにしても、我が家は多すぎるかも~

子供もいないのに、私一人で・・・

って思います。

 

キッチンタオルとテッシュペーパー

ふきんは不衛生なので、使い捨てのキッチンタオルの方がいいと思い、

丈夫で使い捨てのキッチンタオルを。

確か、スコッティ?「何度でも洗って使える」というもの。

 

確かに、洗って何度でも使えて丈夫ですよねー。

これを買ったときには、あ、もうふきんはコレだけで十分だー!と思いました。

1回で捨てるには、もったいない位丈夫です。

 

ところが、テーブルやあちこちの掃除に使うには、

薄い紙のタオルでも、勿論いいのですが、

両方使ってみると、厚みのある柔らかい布制のタオルは、

拭きごたえがあるというか・・・。

汚れによっては、使い捨てがよいこともあり今、両方置いて使っています。

 

おまけにキッチンタオルの下には、テッシュペーパーまで置いてあります。

これが不思議と、必要なのです。結構出番あります。

 

チョちょっと拭きたい時、ふきんを使うまでいかないけど

ちょっと拭きたいときって、意外と多いものなんです。

それに汚れたときは、テッシュペーパーで先に拭いておいた方が、始末しやすい。

こんなことで、ふきん掛けで今週は葛藤していました。

 

こんな記事もあります。

夫婦2人から「独り暮らしに変わる」時って?

 

タイトルとURLをコピーしました