スポンサーリンク

苦手な食材は高血圧を予防するものだが、代用食材でカバーできる!

70歳食の楽しみ

血圧を上げない食生活が大事だけど・・・

スポンサーリンク

私の食生活、血圧を意識したものではない!

毎日、朝晩血圧を測っている割には、私、食生活が良くないかもー。

血圧を、しっかり意識した生活をしてはいないな〜

もっと高ければ、”さぁ、大変!と思って

食生活をもっと真剣に、改善しようとするのかも知れませんが。

ほぼ、高い日でも130〜80mmhg内で治まっています。

塩分摂取量の目標:1日6g以内

日本高血圧協会の塩分摂取量の目標は、

1日6g以内となっています。

せめて、これに近づけた方がいいですよねー

 

1週間の食事に肉料理と魚料理を、半々にしています。

例えば、焼き魚には塩を振りますが、

これをレモンとかカボスに、変えるといい訳ですよねー

食物繊維豊富な野菜が、足りていない

私は、野菜が足りていないかも~と思います。

野菜に含まれる水溶性の食物繊維は、

コレステロールをからめとったり、塩分を外に出してくれるはたらきがある筈。

 

野菜が不足していると、この作用が身体に少ないかも知れません。

血管を若返らせて、血圧を下げる努力が足りませんね💧

野菜の1日の摂取目標が、400gが推奨されている数値です。

 

私はトマトが食べられない!

私の食生活で悪い点が、トマト、納豆が食べられないことです。

トマトは、末梢血管を開くスーパーフードと言われる食材ですものねー

トマトのリコピンやGABAは、動脈硬化を防ぐ作用がある食材ですね。

そのトマトが、私は食べられないのです。

「何が嫌なの〜」って?よく聞かれますが、

味?あのグシャグシャとした、感触かな〜?

フルーとトマトだって、私には、”トマトはトマトじゃない!

って感じです。

でも、ケチャップは大丈夫ですし、

ゴロゴロトマトじゃ無ければ、大丈夫です。

 

納豆も食べられない!

納豆のネバネバの正体は、ナットウキナーゼという酵素で、

血栓そのものを溶かす効果を、うたわれていますよねー

私は、納豆のあの臭いがダメです。

イカを細かく刻んで、イカ納豆にしてもやはりダメでした。

 

食べられる食材で血液をサラサラに!

血液をサラサラにしてくれる食材は、他にもたくさんあります。

例えば、魚、 特に青魚のイワシ・サバ・秋刀魚などには、

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取できます。

 

DHA・EPAが多いクロマグロやミナミマグロのトロ

DHAには、血管の弾力性を高めたり、

赤血球を、柔軟にするはたらきがあることで知られています。

EPAには、血栓を作りにくくして血流をよくするはたらきがあります。

 

クロマグロやミナミマグロのトロは、DHAやEPAが多いです。

身体にいいと言われる赤みですが、

DHA・EPAの含有量としては、多くはないようですね。

マグロの中でも、赤身にはあまり含まれていませんね

 

そして、戻り鰹にはたくさん含まれていますが、

春、獲れる初鰹には多くは含まれていないと言われています。

トマトと納豆は食べませんが、魚でカバーできると思っています。

血圧が高くなるのはどんな時?一番の原因は何?

 

タイトルとURLをコピーしました