スポンサーリンク

朝の2時間と昼休みのリセット法が1日の集中力を高める鍵だった!

70歳の健康と暮らし

朝が、効率のよい仕事ができるのは何故?

スポンサーリンク

脳は起床後2~3時間が一番集中力が高い

人間の脳は、起きてから2時間~3時間が

一日の内で最も集中力が高くなります。

この時間帯を、「脳のゴールデンタイム」

と呼ばれています。

 

よく、”朝のうちにやってしまおう!

って言いませんか?

これは、体験的に朝の方が仕事の能率が上がることを、

私たちは知っているからですよねー。

集中力を必要とする重要な仕事は朝

起きてから2〜3時間が、集中力を必要とする、

大切な仕事をするのに、向いている時間だと言えますね。

朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値があると言われます。

やっぱり朝の時間は、価値的に使いたいですね。

 

通勤電車で本を読めば頭に入りやすい

起きてから2〜3時間がいいと言われても、

サラリーマンは、ほとんどの方が通勤電車ですよね。

でも通勤電車で、本を読むとか、何かマニュアルやテキストを覚えるには、いいでしょうね。

でも、時間によっては満員電車になるかも知れませんが、

満員電車では、残念ながら身体が揺られて危険ですし、落ち着かないので、集中できませんね。

 

昼休みは「陽・歩く・食べる」でリセット

 

午後の仕事の能率を高めるために、

昼休みの過ごし方は大切です。

集中力を一旦リセットして、午後に備えなければいけません

「陽を浴びる・運動・咀嚼する」が大切!

 

外に出て、5分位のレストランやカフェでランチをし、

コンビニで買って近くの公園で食べることもいいでしょう。

陽に当たること・運動や歩くこと・咀嚼するために食べることが大切だと言います。

 

昼寝は20分~30分が最適

昼寝は、脳のリセット効果があります。

ほんの5分間でも、目をつぶっているだけでもその後、スッキリします。

私は、昼寝をする前に、珈琲を飲みます。

 

珈琲の力も借りるわけですね。

珈琲は、飲んでから20分~30分後に脳が覚醒するからです。

私は、あえて珈琲を飲んでから昼寝をします。

20分~30分後に、スッキリ目覚めることができます。

 

30分を越えると、徐々に効果が下がると言われていますよねー

60分以上の仮眠は、脳にも健康面でも、

いい効果は得られないそうですから。

 

夜は寝る2時間前はゆったりする

睡眠の質や量は、明日の集中力に影響を及ぼします。

高い質の睡眠をとるには、寝る前のリラックスが重要ですね。

90分前までに、お風呂に入っている

そして、この時間は激しい運動、ゲーム、スマホ、パソコンなど光るものを見ることは避けましょう。

当たり前のことだと思いますが、これがしっかり出来ていれば、

仕事の効率もよく、健康な生活ができます。

この当たり前の生活を心がけ、実践することで

時間革命もできますよねー

疲れ知らずで集中力を切らさない仕事時間の使い方があった!

タイトルとURLをコピーしました