スポンサーリンク

「災害の備え」暮れの今ならできる整理と対策!

70歳の健康と暮らし

災害はいつ起こるか分からないから、最低限の供えだけは・・・

スポンサーリンク

”整理〟暮れの今ならしやすい!

整理すれば、ホントにスッキリするって分っているのに、

中々進まないことが多いものですよねー

でも、暮れに向かっての今だと、”綺麗にしてお正月を迎えたい〟

と思うので、他の月より積極的に整理したり、

断捨離、ミニマリストしやすいのではないでしょうか?

3度の大型台風で考えが決まった!

今年、大型台風が3度ありました。

その都度、ベランダにあるモノを取りこんだり

洗濯物を干す竿も上から外し、下へ置いたり、家の中に入れたりしました。

家の中に入れる時には、下に新聞紙を敷いたりして、

突然の予報時には、結構大変な作業です。

 

マンション管理会社から注意喚起文書

マンションの管理会社から、”台風に備えての注意文„が届きました。

それは、とても細かい注意を促す文面でした。

「ベランダの竿は家の中に入れてください」「物置などは家の中に入れてください」「排水口を掃除してください」など他にも細かく書いてありました。

こんな文書が回ってきたのは、始めてでしたから少し驚きました。

近年の災害は、甘くないという注意喚起ですね。

 

ベランダには物を置かないことにした

今年の大型台風、その都度ベランダからモノを移動したり、

家の中に入れていました。

台風が過ぎ去ればまた、元通り戻さなくてはいけないし、

 

いっそ、ベランダは使わないでいいやー!

ということにして、今、ベランダには物が一切ありません。

とてもスッキリしていいですね。

 

物干し竿だけ上にかかっていますが、これは台風の大きさによっては、

下に置けばいいと思っています。

大型の台風が来た時は、また家の中に入れなきゃダメですね。

 

家具の固定、上も下も

家具が転倒しないように、一応固定はしています。

できるだけのことをして、後悔しないために。

 

☟本棚の上も一応固定してあります。

 

☟キッチンの食器棚は、上も下も固定しています。

これだけしても、実際の効果は分からないのが災害だと思うのですが、

何もしないでケガなどしたら、後悔すると思って・・・

 

食料・日常品の備蓄

非常食(ご飯類・缶ズメ類・お菓子類)トイレットペーパー、ティッシュペーパー、カセットコンロなど一応用意しています。

一人分なのでまだまだ甘いし、少ないと思いますが、

これは、賞味期限があるので時々日付を確認して、消費しなければいけませんよねー

 

マンション安否確認方法

管理組合から、磁石式の”安否確認シート„が配布されています。

「救助求む!」「無事です!」この2つですね。

『万が一の時は、これをドアの外に貼ってください』

と言って配布されています。

 

災害時の避難場所の確認ですが、

実際の非常時に本当にみんなが集まったら、入り切れないと思います。

1階ではないので、自宅にいる方が安心だと私は思っています。

 

マンション管理組合でも、

「水害時には、上の階へ上がって下さい。それが一番安全です!」

と言っています。

とは言っても、最上階に住んでいる友人の話では、

風の音がもの凄いそうで、怖くて寝られない!

と言っていました。

建物の屋根や外壁に面しているお部屋は、怖いと思います。

 

2階以上が良くて、

角部屋と最上階だけは避けるといいと、言われていますよねー

角部屋と最上階の快適さはあるのですが、

こと、台風を考えた場合は少し怖いかな〜と思います。

十分な備えが必要だと思います。

日頃から、供えが必要ですね。

ミニマリスト、今がチャンス!年末までに完成できる

 

タイトルとURLをコピーしました