スポンサーリンク

夫婦2人から「独り暮らしに変わる」時って?

70歳の健康と暮らし
Happy couple embracing at sunset in the nature

いつかは「独り暮らしになる」そのプロセスはみんな違うけど・・・

スポンサーリンク

今、アクティブシニアが増えた!

街歩いている人を見ると、本当に高齢者が多くなったことを実感!

現在の日本では、4人に1人が高齢者

2035年には、3人に1人が65歳以上という、超高齢化が進んでいます。

あと、15年後です。あ〜生きてないか!

 

社会全体が高齢化に向かった今、どう見ても弱々しいお年寄りではなく、

アクティブなシニアが増えています。

健康への努力を惜しまないシニア

資産があって、高額商品も自由に買うシニアもいれば、

資産があっても、決して贅沢をせず、

つつましい生活を送る賢いシニアもいます。

 

言えるのは、健康面の努力を怠らないこと

「私、まだまだ、これからよー」なんて言ってる、

ホントに元気いっぱいのシニアもいます。

私の友人の中にも、

人生100年になった!長生きするんだから健康でいなくちゃ!

と、スポーツクラブへせっせせっせと通っている人たちもいます。

 

私の妹も、毎日欠かさずスポーツクラブへ通い、健康でいる努力をしています。

私もスポーツクラブへ週3回程通って、健康維持をしています。

 

ただ、スポーツクラブへちゃんと通えるためには、ある程度健康でなければ、続けられないですね。

65歳以降は、体力がなくなってきて、同時に気力もなくなることが、大いにありますからねー

そこを押しての、頑張り屋さんがいるっていうことですね。

私なんて、直ぐに、“あ、無理しないでおこう„なんて・・・甘いな〜ダメダメ💦

 

健康ならセミリタイアが可能

特に男性には定年がありますが、女性もありますけど・・・

私は、60歳定年で退職しましたしねー。

兼任していた部署の後任の関係で、1年伸びましたが・・・

 

退職した後は、まだ体力があって、暇を持て余した60代でしたね。

特に男性は、定年後も再雇用される、セミリタイア層が増えていますよねー

完全リタイアが伸びてる

完全リタイアは、ほぼ65歳あたりが多い。

しかしこれが、今、伸びている感じです。

70代でも働いている男性が、結構多いことに驚きです。

 

退職をした後も、働き続けることを希望する人が、今非常に増えていますよねー

健康ならいくつでも働けますが、それ以外にも、生活のために働かざる負えないというケースもあります。

 

健康が決めて!ライフスタイルの変化

その後は、健康体かどうかでライフスタイルには、大きな変化が現れます。

75歳を過ぎると、医者通いの日々を送らざる負えない人が、増えています。

それは、高齢者ゆえに起きる、さまざまな病気にかかる率が高くなります。

 

認知症の発症率、脳の病気、要介護認定率などが急上昇していきます。

こんな言葉を聞くたび、私はドキッとします💧

決して私は該当しない、なんて言えないから・・・

 

女性は子育て終了時期がカギ!

1.最初の大きな変化が子育て終了時期

子供が大学へ行くようになった時期

 

2.夫の退職時期 

夫の自宅引きこもり派も多い、夫が自宅にいれば主婦は手がかかる

引きこもりまではいかなくても、自分から外へ出ようとしない人が多い

 

3.夫婦二人の生活になる時期

子供が、独立や結婚すると二人きりになる

 

3.健康面に変化

どちらかの健康面に変化があり、最後は夫が亡くなるとき

 

一緒になって良かったと言えるために

これから先、一生添い遂げられるかどうかは、分からない。

ただ、思うのは、日本の男性は家庭を女性だけに任せすぎる。

 

いずれ、どちらかが「独り暮らし」になりますが、

独り暮らしになるプロセスって、お互いの将来のために大事なことだと思うのです。

“一緒になって良かった!と言える夫婦でありたいと思います。

70歳、思い入れのある服をぜ〜んぶ似合う人にミニマリスト!

 

タイトルとURLをコピーしました