スポンサーリンク

60代、極上のぷるぷる肌に近づけるファンデーションの選択は?

70歳の肌とメイク
スポンサーリンク

60代の肌、ぷるぷる極上肌に変えるファンデはどれ?

60代になって、肌の調子が何だか調子悪い!

ファンデーションをつけてもカサカサしていて、60歳の肌ってほとんど乾燥に傾いているので、一体どんなファンデーションを使えばいいのか、分からなくなると思います。

 

50代でもあった肌の悩みは、60代では乾燥も進み、シワやたるみ、シミなどが一層目立つことに!

でも、その肌にしっかり合ったファンデーションを選ぶことで、諦めかけていた極上肌を再現することが可能です。

 

今使っているファンデーション、どんなタイプでしょうか?

リキッドタイプ?クリームタイプ?それともパウダータイプですか?

一度、見直してみてはどうでしょうか?

現在、自分の肌に起きているトラブルを、カバーできていますか?

タイプ別ファンデーション、潤いとカバー力の目安

それぞれのファンデーション、乾燥している肌に対してどのくらいうるおいが出せるのか、また、シミなどをカバーする力はあるのか?それらを下の表にまとめてみました。

 

それぞれの特徴を見てみましょう。

リキッドファンデーション、潤い度とカバー力

・水分と油分の配合バランスが、よいのでみずみずしい仕上がりが得られます。

但し、乾燥がそれほどひどくなければですねー。

・少ない量でのびがよく使いやすいのですが、顔料が少ない分シミなどはカバーし切れないです。

薄いシミなら、リキッドタイプでもクリームに近いリキッドタイプなら、多少のシミはカバーできます。

 

クリームファンデーション、潤い度とカバー力

・油分がとても多く、その中に水分を抱え込み、最も保湿を重視したタイプ

・乾燥肌にも、超乾燥肌にも、日中肌が渇くことがありません。

・油分が多い分、艶やかな肌づくりができます。

・カバー力は、このタイプが最も高く濃いめのシミでも(地肌より暗めの色を選ぶこと)ある程度隠れてしまいます。

・しっかりしたメイクが必要な日や、長時間メイクを持たせたい時にも、崩れにくくきれいに保てます。60代からの乾燥しがちな肌にはピッタリです。

 

クリームコンパクトファンデーション、潤い度とカバー力

・うるおいと顔料が半々のタイプなので、しっとりしています。

・コンパクトタイプは、何よりも携帯に便利です。

旅行などの際に、ビンやチューブなどのボトルを入れるのはかさばるものですが、コンパクトタイプのパウダータイプなら平らなのでかさばりません。

 

クッションファンデーション、潤い度とカバー力

・素肌に近いメイクをしたい時、ナチュラルな薄付きのメイクができます。

みずみずしい肌を生かしたような素肌感が魅力です。

・素肌感を重視したタイプですので、うるおい感やカバー力はそれほど多くありません。

しっとり感やシミを、ファンデーションである程度カバーしたい人には不向きと言えます。

・クリームコンパクト同様、携帯に便利です。

 

パウダーファンデーション、潤い度とカバー力

・油分が最も少なく、ほとんど顔料だけのようなタイプです。

余計な添加物も入っておらず、肌が敏感な時には、このタイプがお奨めです。

・UVカット効果では、パウダータイプは、粉状の紫外線散乱剤が配合されているので、紫外線をしっかりはね返すことができます。

 

・仕上りも考えると、リキッドタイプかクリームタイプの上に、このパウダータイプを重ねると、ツヤ感も十分あり、紫外線もカバーできて良いですね。

 

パウダータイプでも、うるおい重視のものがお奨めです。

夏など、シニアにはこの方法がおすすめですね。

 

60代肌の特徴=クリームタイプが潤う極上肌を叶える!

各タイプの特徴から、60代の肌に必要なタイプは、どれなのかを考えてみましょう。

乾燥やシワ・たるみ、そしてシミもカバーできるものはどれか?

と考えると、乾きがちな肌をしっとり仕上がる上に、カバー力も大きいクリームタイプ!

望む肌のイメージ、極上の肌を最も実現するファンデーションということになりますね。

 

シミ隠しには、地肌より暗めの色で隠す!

シミをカバーしたい時に、気をつけることは色選びです。

地肌と同じ色では、隠れません。

地肌より、暗めのファンデーションを使うことで、シミの半分が隠れます。

それでも隠れない部分だけコンシーラを使えば、シミがあることなど、人から見たらほとんど気付かれないほど隠れます。

ちょっとしたシミなら、コンシーラを使わなくても、クリームファンデーションだけで十分カバーできます。

シミの部位にのせて見て、シミが半分の濃さになったらその色は正解です。

是非、少し暗めの色でクリームファンデーションを選び、メイクをしてみてください。

そして、1m離れた距離での姿見で顔全体を見てください!

ツヤッ艶の、シミも感じない極上肌に満足されることと思います。

タイトルとURLをコピーしました