スポンサーリンク

一重まぶたが論争になっているけど、生きずらいとかって?

70歳の健康と暮らし
Plumeria flower pink and white frangipani tropical flower, plumeria flower bloominge, spa flower.

一重まぶたが論争になる時代です。

スポンサーリンク

一重まぶたでは生きずらいですか?

2019年11月13日 クローズ現代

追跡!トレンドワード 一重まぶた論争、たまたまこれを見ました。

あ〜こんなことが、トレンドワードになる時代なのか!?

この番組で最も印象にあるのが「一重まぶたは生きずらい!」でした。

驚きとともに、今の時代がそう思わせるんだ!と。

職業柄、私は「人間の顔」というワードには、つい反応してしまうのです。

今日は、”顔〟について書いてみたいと思います。

 

価値観が”かわいい、カッコイイに

見た目について、SNSで言われたりするような時代になりました💦

コレってどうかな〜と思いますが、

男性も女性も、見た目を気にするように・・・。

 

顔をきれいに見せるアプリがあったりするから、

尚更気にする人が増えていると思うのです。

顔ってどれだけ、人に影響を与えるのだろうと考えてみました。

第一印象は一瞬、顔で決まる!

はじめて人と会ったとき、私たちは相手の顔を見て

どんな人かを一瞬にして判断しています。

✽ 心の優しそうな人

✽ 何か怖そうな人

✽ 気が強そうな感じ

✽ 正直そうな人みたい

✽自信がなさそうな人

✽いい加減な人に見える

 

相手の顔だけではなく、持ってる雰囲気などで一瞬で感じ取っている筈です。

一瞬ってどのくらい? 本当の一瞬って1秒かからないと思いますが、

「第一印象は、7秒間」とも言われています。

 

はじめて会ったとき、相手をじーっと見ているだけの印象と、

はじめから挨拶などで、会話があるときの場合など、

シチュエーションによっても違いは、あると思います。

 

しかし、第一印象だけが全てではありません。

その後のお付合いによって、

第一印象とは全く変わることも、よくあることですから。

 

ただ第一印象は、その後のお付き合いが決まるということを考えれば

大変重要な要素であることは、間違いありません。

第一印象は、人との玄関です。

無視はできない要素であることは、間違いないですね。

自分の顔を大切にすることは、自分の生き方を大切にすること!

悲しいかな、自分の顔って自分では絶対見ることができないのですよねー

でも、いつも気になり鏡を見ますね。鏡を通してしか見ることができないのが、自分の顔です。

自分を大事にしようと思ったら、当然自分の顔が気になるわけですね。

 

自分の第一印象の重要さを考えると、自分の顔が気になってくる!

「一重まぶたは生きずらい」と論争になったワードが理解できますね。

 

約30年ほど前に、小顔が流行り、テレビや雑誌で ”顔のブーム〟が起こりました。

多くの女性が、エステサロンに通うようになりました。

人間は、流行りモノには弱く、人と同じ方向に向いていれば、安心感が得られるという傾向があります。

私もご多分にもれず!そうですが。

 

しかし、他人と違う点は何?

これは顔ですねー。人との違いはまさしく顔です。

簡単に区別できるものは「顔」です。

顔のパーツで表現する人間

額・眉・目・鼻・頬・口、これだけのパーツで、人に表現していく動物です。

”顔„には、沢山の器官が集まっていて一番情報量も多いのです。

表現一つで、わずかな変化も表現できます。

だから、人は相手の顔を見ることで、心の内側を見ようとするのですね。

「自分らしさ」が詰まった場所と言えます。

 

自分の顔は自分でつくる時代に

今、男らしさとか女らしさより、人との違いを求められる時代です。

顔は一人一人違いますから、瞼も当然一人一人違った形をしています。

化粧というツールはあるものの、

目元が、二重か一重による印象の違いは確かにある。

更に、二重まぶたの場合、化粧をしても簡単にかわいくなる!と言える。

 

素材を生かせば素敵になれる筈!

生きずらさを、瞼の形で語るのはどうかな?と思いますが・・・。

これを考えた時、このワードを全否定できないかも〜って思いました。

ただ、自分らしさを追求していく中で、

自分の素材を生かす方法さえ知っていれば

”自分の顔、そのものを素敵に生かせる筈!

と思うのです。

 

「一重まぶた論争」でつい反応してしまいましたが、

次の記事で、一重まぶたについての思考、

そして、生かす方法も書きたいと思います。

ゴースト血管(毛細血管ダメージ)改善が冷え症改善に!羽鳥慎一M

タイトルとURLをコピーしました