スポンサーリンク

高齢者の冷え、悪化する前にやることがあります

70歳の健康と暮らし

冷えを甘く見ていたら、高齢の今アチコチに障害が・・・

スポンサーリンク

冷えを甘く見てはいけなかった!

30代後半から、冷えを自覚するようになりますが、40代になるとホルモンの変調によって、顕著に感じるようになります。

 

何となく、冷えとダマシだましつき合っていると、冷えは身体のいろんなところを、むしばむようになります。

昔から「女性は身体を冷やしてはいけない」とよく言いますが、本当に実感しますねー。

低体温で冷え症なら、もっとまずい!

現代人は低体温が問題になっており、36℃未満の人が増えています。

36℃以下の低体温の人が冷え症なら、身体の内側も外側も冷えています。

血液が循環できず、とうぜん免疫力も低下し、病気を呼び込んでしまうわけですね。

免疫力が30%落ちると危険!

体温が1℃下がると免疫力は30%落ちます。

そして怖いのは、冷えがあるところには、ガン細胞が増殖しやすいことです。

 

病気や不調を引き起こす冷え

冷えが原因とされているものに、うつ病をはじめ、

自律神経の乱れから起こる自律神経失調症があります。

 

ストレスを受けやすい

誰にもあるストレスですが、冷えが強くなると、

ちょっとしたことでも落ち込みやすくなります。

風も引きやすくなる

貧血や、腎炎、糖尿病、肩こり、腰痛なども発症しやすくなると、いわれています。

冷え性の身体は、免疫力が落ちているために、風邪もひきやすくなります。

 

睡眠不足になる

睡眠も、足先が冷えるので、眠りにつくのに時間がかかったり、

浅い睡眠になりがちです。

それが、ほとんど毎日続くと睡眠不足になり、

眠れなければ、身体を修復してくれる成長ホルモンの分泌も促せないので、

疲れもとれません。

 

すると人間は、特にその人の弱いところから、不調をきたすようになります。

冷え性は、病気ではありませんが、健康ではないのです。

「いつも、どこか不調がある」のです。

 

血流は足りないと、手足は後回しに

血液の流れが悪くなると、内臓にも変化が起こります。

体温が下がって血液循環が悪くなると、身体はかしこいもので、生きていく上で最も大切な内臓や脳へ優先的に、血液を送るようになります。

 

そのため、手足へ送る血液は後回しになるのです。

そして、手や足が一層 ‟冷え冷え~〟になるのです。

 

冷えは、病気のサインだと考える必要があるのです。

決して私のように、あまく見てはいけないのです。

 

天然の筋トレ:階段を歩こう!

血流を上げて冷えを改善するのに一番良い方法は、筋肉量を増やすことです。

それも下半身の筋肉をつけることなのです。

 

40代~50代によく聞く会話

「最近、何をやっても痩せなくなった!」

「最近、手足が冷たい!」

「最近、疲れやすくなった!」

「最近、物忘れが激しくなった!」

「最近、お肌にハリがなくなった!」

皆さんの周りにもこんな会話、聞こえませんか?

これは、下半身の筋肉の低下が原因であることが殆どです。

 

筋肉は、脂肪をエネルギー源として消費してくれます。

筋肉が多ければ、脂肪は効率よく燃焼されるのです。

筋肉が少ないと、食べたものがエネルギーとして上手く使われないために、

脂肪になりやすいのです。

 

「何をやっても痩せなくなった!」のは、筋肉の量が減少しているからです。

筋肉がつけば食べたものを、きちんと消費してくれるので、太りません。

 

筋肉がつけば疲れにくくなる

筋肉がつくと、疲れにくくなります。

歩く距離も、これまでより長く歩けるようになります。

エスカレーターばかり使っていた人も、階段でラクに歩けるようになります。

階段があったら、天然の筋トレジムだと思って歩きませんか?

 

 

歩いたり、下半身の筋肉を動かすことによって、足の先まで届きます。

そして、足の先から心臓まで力強く押し上げてくれる、

ポンプの役割を担っているのです。

運動をして筋肉がつけば、身体の熱量が上がるということになりますから、

冷えは自然に改善されます。

筋肉を大きく動かすと、成長ホルモンの分泌がよくなります。

40代以降は、成長ホルモンの分泌も減少していますから、運動をして筋肉をつけることは、これまで以上に大切なことです。

 

下半身の筋肉の収縮活動によって、身体中に血液が循環されていきます。

下半身に筋肉が増えれば、血液の循環がよくなるので、冷え症の改善ができるのです。

自然に疲れにくくもなります。

スクワットなど、筋トレをするといいですが、

先ずは、エスカレーターを使わずに、階段を使う日常を送ることを、考えてみませんか?

ゴースト血管(毛細血管ダメージ)改善が冷え症改善に!羽鳥慎一M

タイトルとURLをコピーしました