スポンサーリンク

ゴースト血管(毛細血管ダメージ)改善が冷え症改善に!羽鳥慎一M

70歳の健康と暮らし

血管系のダメージは、老化や病気を引起す重大な問題!

スポンサーリンク

11月11日羽鳥慎一モーニング

2019年11月11日羽鳥慎一モーニングショーに出演された、高倉伸幸先生のお話をご紹介します。月曜の朝なので見逃した方も多いと思います。

私の周りでは、真冬に入る手前の今頃は、冷えに悩む方が多いです。ゴースト血管が改善できれば良くなりそうですね。

治療が効かない原因はゴースト血管だった!

ゴースト血管の生みの親である、大阪大学微生物病研究所の高倉伸幸医師が、

8年前、「同じ抗がん剤を投与しても効く人と聞かない人がいる。その差は何なんだ?これは血管に違いがあるのではないのか?」

ココから始まった研究だそうです。

癌の研究者が、血管を研究して、ゴースト血管という名前を作ったそうです。

 

ゴースト血管が招く症状

・薄毛・アルツハイマー病・老け顔・高血圧・冷え症・骨粗鬆症・癌・感染症

などが挙げられるそうです。こんなに多くの病が血管のダメージから引き起こされるなんて、怖いですねー💦

でもご安心あれ〜♬

幾つになっても、毛細血管は蘇らせることができます。

ゴースト血管、蘇らせる三大鉄則

ゴースト血管(毛細血管)は、何歳になっても蘇らせることが可能です。

①血流を促す:運動

②温める:入浴

③緩んだ血流をキープ:睡眠

こうしてみると、日常生活で当たり前のように言われていることばかりですが、

しかし、これをきちんとやっているかと言うと、そうでもないことが多いと思います。とても簡単な運動でいいのです。

一つ一つ見ていきましょう。

❶血流を促す:運動方法

椅子につかまり、かかとを上げて、5秒間キープします。

すると、太ももの血流がグングン流れます。

足の太ももは、沢山の毛細血管が存在しているため、太ももの血流を促すことがとてもいいということですね。

私は、廊下の段差を利用しています。

足を上げる、下げるを繰り返しているのですが、

先生の方法は、

❶椅子につかまり、かかとを上げるだけでしたので、もっと簡単ですね。

 

❷片足を後ろへ引き、引いた足のかかとが床から浮かないように5秒間キープします。

太ももに血流が流れます。

ポイントは、太ももの血流改善ですね

2つとも簡単な運動なので、職場でもどこでもできます。

歯磨きしながら、何かをしながら、「ながら運動」ができるからと。

1日20回するといいと、おっしゃっていました。

 

❷温める:お風呂

 

40度の湯船に、10分~15分入ります。

アクティブな交感神経から、リラックスする副交感神経にスムーズに切り替わります。質の良い睡眠にも繋がります。

炭酸の入浴剤も効果的だそうです。気泡の刺激がいいと。

手足をマッサージするのも、有効だとのことでした。

 

❸睡眠:6時間以上

血管が緩んだ状態をキープすることが必要。

腹式呼吸をしてから休む:

鼻から5秒かけて息を吸う➠5秒かけて吐く

寝る前の注意

足が冷えて眠れないと、出演者からの質問に対して、こんなアドバイスもありました。

⑴真っ暗にして寝る:

メラトニンの産生を抑制するから、眠りにつきやすくなる。

⑵寝る前に、スマホなど青い光を見ないこと

毛細血管の太さは:髪の毛の10分の1

長さは、地球2周半あるそうですが・・・

60代・70代では、7割がゴースト化しているとおっしゃってました。

血圧を下げる身体をつくるゾンビ体操が簡単すぎ~!

タイトルとURLをコピーしました