スポンサーリンク

目や口が乾きネバネバする、肌が乾く、その不調大丈夫?

70歳の健康と暮らし

更年期以降女性ホルモンの減少により、身体のあちこちが乾燥して悩むことが増えます。

スポンサーリンク

ドライシンドロームって思い当たりますか?

目が乾く、肌が乾燥する、鼻が乾く、口の中がネバネバする

そんな不調を「ドライシンドローム」って言います。

これは日常生活にも影響を及ぼすので、放っておけませんねー

 

40代以降から起こる「身体の乾燥」

40代後半の更年期の頃から、起こる現象ですが、

60代以降は、特に乾燥によるトラブルが多くなります。

私も60代で、肌がひどく乾燥して困った時期がありました。

何を使ってもダメで、敏感肌用の化粧水とクリームに切り替えて、ようやく治まりました。

最近では、眼の乾きを感じることが多くなり、

眼科へ行き目薬を処方していただき改善しました。

 

閉経後に起りやすいドライシンドローム

▮ドライアイ

 

目の表面が乾き、眼が疲れる、ゴロゴロする、充血する

眼には、一日のゴミやほこり、メイク剤、その他の刺激物などが入ってしまうために、乾きやすくなることがあります。

寝ている時は、まばたきをしないので乾きやすくなります。

ドライアイは、放置すると目に傷をつけることがありますので、対策をしましょう。

 

対策

眼科で、症状を伝えると目薬を出してくれます。

夜寝る前に1滴、朝起きた時、1滴さすだけで、私はとても楽になりました。

 

 

❖ 睡眠前の目薬1滴

夜寝る前に、目薬を1敵さすことで睡眠中の乾燥を防げます。

❖ 起床時に目薬1滴

朝起きた時に、目薬を1敵さすことで、夜中の乾燥した眼にうるおいを与えることができます。

 

他にも乾燥して起きる身体の部位は、これだけあります。

▮ドライノーズ

鼻粘膜が乾き、ムズムズしたり、変な刺激を感じたりする

鼻が乾くときって、口の中も乾いていると思います。

 

▮ドライマウス

唾液の分泌が減り、口の中が乾く、ネバネバしたり口臭がしたりする

 

▮ドライスキン

肌表面のうるおいが減り、痒みやカサつきが起きる

 

▮ドライバジャイナ

膣が乾燥し、痒みが起きる

 

身体の痒み:ボディローション欠かせない!

足も乾燥してくるため、痒くなってきます。

湯上りには必ずボディローションなど、使わなくてはならなくなりましたねー。

たまに、シャワーだけの時はさぼったりすることも・・・💦

湯船にゆったりと入った時には、必ずボディローションが必要です。

 

更年期以降、女性は色々なことが起きますねー

更年期症状は、ある一定の時期が過ぎれば、身体が慣れてきて、

それ程トラブルもなくなりますが、

 

60歳以降から鼻・口の中の乾燥が!

60歳以降は、身体のあちこちの乾燥というトラブルを、とても実感します。

私はこの頃、鼻の粘膜の乾燥が気になります。

すると、口の中も同時に乾燥していることに気がつきました。

 

口が乾くドライマウスのリスク

唾液が減ってくるので、口の中が乾きやすくなります。

いわゆる、ドライマウスですね

 

ドライマウス度、チェック

❐ 口の中がネバネバする

❐ 口の中がカラカラする

❐ 口臭が気になる

❐ 舌が口の中で張り付いたような感じで話ずらい

 

どれもドライマウスの現象ですから、当てはまる項目が一つでもあったら

ドライマウスの可能性があるということです。

水分をできるだけ多く摂るようにしたり、

室内の乾燥を防ぐことで改善できます。

できる対策をしていきましょう。

高齢者がひとり分作るのは効率悪すぎ!活用できるお惣菜屋さん

タイトルとURLをコピーしました