スポンサーリンク

シニアの肌、60代からはもっと簡単でいい!経済的、効果が上がる方法

70歳の肌とメイク

ケアは、お金をかければ、いいってものじゃない!

スポンサーリンク

ケアはもっと簡単に経済的にできる!

シニア、肌の状況

60歳以降、ほとんどの方に肌の変化が顕著に見られます。

シミ、しわやたるみ、目の下のクマ、イボ、全体のくすみなど悩み多き年代ですね💦

50代頃からは少しずつ感じていたのが、60歳、70歳になるにつれて、これが自分の肌かって信じられない位ハッキリと変わります。

メイクしても綺麗に映えない!

メイクをしても、これまでのように“綺麗になった!と感じないなど。

「年だから仕方ないかー!」って思うには、際限なく出てきますよねー

そうゆうことから、自分への自信をなくすシニアが多いです。

 

具体的には、

・肌の色が冴えなく見えて、くすみを感じるようになる

・肌触りが悪い

・乾燥が進んできた

 

その理由:

肌細胞の機能が低下してくるため、血行が悪くなります。

顔色が青黒くなり、冴えた肌色には見えなくなる

睡眠不足や疲れなどで更に血色が悪くなり、くすみを感じるようになります。

 

60歳から簡単ケアでOK! 経済的に!

朝晩のケア方法を変えることで、かなり改善できることをお伝えしましょう。

これまでのケアより簡単に、そして経済的にできる方法です。

 

今日から変えることは洗顔をしないことです。

洗剤を使い、泡立てる洗顔法をしないことです。

洗顔は、若い脂性肌にはいいのですが、60代以降の機能低下した肌には、成分の刺激や、皮脂を取り過ぎる傾向があります。

60歳からは、フェィシャルクリームなどの洗顔料は使いません。

 

温タオル美容に使うモノは2つだけ

洗顔の変わりにすることは、温タオル美容!

準備するものは2つだけ

1つ目:柔らかめのタオル1本

 

私が愛用の化粧水は、成分優秀な1000円!

2つ目:たっぷり使える化粧水

必要なモノはこれだけです。

私が使っている化粧水は、これです。

アサヒグループ食品㈱が研究開発した

素肌しずく 濃プラセンタエラスチン 170㎖ 1,000円

 

成分がとても優秀です。

質の高い保湿剤がふんだんに配合されているのに、この価格には驚きました。

乾燥肌の私にはとてもいいですね。

大型薬局店など、コスメを売っているお店なら、どこでも売っています。

 

コレ、ヒミツの話ですが

これ、化粧品メーカーが製造したら、この価格はあり得ないと思います。

これに、もっと高級な香り成分を配合して、

この容器をプラスチックなどではなく、もっと豪華なものにして

この数倍の価格はつけてしまいます。ア〜言っちゃった!

※化粧水は、これじゃなくても、トロトロ肌に滑るタイプのものなら何でも構いません。

 

夜ケア:温タオル美容法

・メイクをクレンジングで落とします。

・柔らかいタオルを折りたたみます。(ゴワゴワする使い古しのタオルは避けてください)

・タオルを濡らして、程よくしぼります。

・電子レンジで約1分します(タオルの厚みによる)

 

・タオルの熱さを確認し、二つ折りにしたタオルを顔にのせます

(決してゴシゴシせずに、ふわ~っと顔を手の平で包み込んで温めます)

・タオルも肌も冷たくなる前に、タオルを外します。

 

簡単ローションマッサージ

・化粧水をたっぷり、手の平にとリます。

10円玉位の大きさかなー?

 

このまま、顔と首にのせて顔の中心から外側へ

マッサージします。

 

画像のように、顔の上下に分けてマッサージすると、しやすいです。

私は、鼻中心だけは、手の力を入れて、50回くらいマッサージします。

50回って素早く手を動かすと、あっという間です。

鼻から下は力を入れないで、軽くマッサージしましょう。

首も同様に力を入れません。軟骨が多いので。

 

温タオル美容法とローションマッサージをしたら、その後は普段使っているクリームを塗って終わります。

ゆっくりと十分な睡眠をとりましょう。

 

洗顔料を使い、泡をしっかり立てて洗う洗顔法ではなく、蒸しタオルで蒸すだけの経済効果抜群、しかも血行を促進するのにバッチリ、私には効果が高い美容法です。

洗顔料がもうなくなった、今度何を買おうかーと心配する必要がありません。

シニアの瞼 かぶさり目にハリを出すアイライナーのポイントとは!

タイトルとURLをコピーしました