スポンサーリンク

60歳~これから恋愛なんてできるかな~???

70歳の健康と暮らし

恋愛は、若い時だけのものと思っていましたが?

スポンサーリンク

全てに解放される60歳、もう一つの人生?

定年退職し、組織や仕事から解放される。

子供も成長し、独立しています。

60歳という年齢では、既婚者はあらゆる面から、

解放される時期でもあります。

一つの大きな区切りですね。

そして、余暇が生まれます。

 

私のように、夫を亡くした今、独身になりました。

亡くなった当初は、立ち上がれない程、悲しい日々だった。

しかし、7年たった今、夢に見ることも殆どなく、思い出すことも少なくなりました。

薄情者―!って言われそう💦

 

だって、残されたものはこれから、一人で生きていかなくちゃいけないんですもの。

いつまでも、クヨクヨしてもいられませんからねー。

私は、全てに解放されて、自由なのです。

友人がようやく離婚した。

先日、友人が離婚しました。

永年、家に帰ってこなかったご主人とです。

私から見れば、不思議で仕方なかったのですが・・・・

家にお金も入れないし、帰ってもこないのに、

なんでさっさと離婚しないのか?

 

「あの人は、私がいないとダメだから」というのですが、

私には理解できません。

帰ってくるのを、期待していたのですね、きっと。

とても純粋な人なので・・・今どき信じられない程。

 

漸く離婚する気になって良かったと思います。

これで彼女は、ようやく解放されたのかな〜

いや、本当は既に解放されていたのでは?

彼女だけが、踏ん切りがつかなかった訳ですよね。

50代、是非いい再婚を!

50代後半ですから、どなたか伴侶になれる人と、

出会ってほしいなーと思いました。

子供も独立していて、一人なので。

50代では、まだまだ恋愛できると思うのです。

 

友人からお父様を紹介された

友人が母親を亡くして3年ほど経った頃、

「父親に会ってほしい」と言われてビックリ!!!

 

私には、もはや男性とのお付き合いは、全く考えられないのです。

電話で、そのことを伝えてお断りをしたのです。

既に、私の写真は見せてしまったということでしたが・・・

 

成人式の振袖、スポンサーがお父様だった!

娘さんが成人式を迎えることになり、

お振袖をを買いたいので、私に紹介してほしいという相談があり、

信頼できるところを、ご紹介させていただきました。

 

ところが、そのお振袖を購入するときの、スポンサーはお父様だったのです。

親である彼女ではなく。

 

ホテルでの着物のイベント会場に、私と友人、娘さん、お父様の4人で、

待ち合わせることになりました。

 

友人から「会場へ行く前に当日、ランチをしませんか?」と。

友人とは時々あって、ランチをしたりしていましたので。

でもその時私は、“いや今日はまずい!と思いました。

 

相手が誰であれ、私に全くその意思がないのに、

“もし相手が、少しでも期待することになったら大変失礼になる!

と思い、「直接会場で会いましょう!」と返事をしました。

 

友人は察知し、2人だけのランチに

友人は流石、察知したようで、

「父親とは別々に行きますので、2人でランチしましょう」

と言ってくれました。ホッとしましたねー(笑)

バレンタインチョコをプレゼントされた!

素敵なお振袖を選び終えて、ティタイムを4人でしました。

 

ちょうど、バレンタインデーに近い頃でした。

お父様が、「娘が、昔大変お世話になったので」

と、素敵なバレンタインチョコを、プレゼントしてくださいました。

その娘とは、私の友人のことです。

私は、戸惑いながら・・・

あらら…お返しするわけにもいかず・・・

 

素敵なカッコイイ紳士でした

とてもスッキリしていてカッコよく、素敵な紳士でした。

年寄り臭いところも全くなく、好感の持てる方でした。

と言っても私は、男性とお付合いする気持ちはありませんが。

これを機に私は、60歳、70歳からの恋愛って、

あるのかもーと思い始めた瞬間でした

いつかは、おひとりさま生活、覚悟していた筈が果たして?

歳の差婚 9歳のジェネレーションギャップ

 

タイトルとURLをコピーしました