スポンサーリンク

マンネリ化した美容師さんとの危険な関係

70歳のヘアー

30年以上通っていた美容室をやめた理由

スポンサーリンク

信頼関係にあった美容室、突然疑問に!

最近30年以上通っていた、大好きだった美容室をやめました。

果たしてその理由は?

支払い額の確認をしていなかった私

シャンプーをしていない時でも、シャンプー代が請求されていた。

レシートをいつも渡されないので、

私は、いくら支払っているかを確認することがありませんでした。

私も大雑把なところがあって、

お金を支払うだけで疑問を持つこともなかったのですね。

永く通っている美容室なので、信頼していました。

 

今どき、レシートを出さないなんて、ありえないとも思うのですが、

途中で、もしかして、「レシートは要りませんか?」とか

聞かれていたのかも知れませんね。

それで、「要らない」と言って、それから出さなくなったのかも知れませんねー。

 

何十年もこの状態なので、その辺は、全く覚えていないわけです。

私もダメですねー

 

パソコン画面で確認すればいいものを

カウンターにあるパソコン画面で、

顧客データに、その日のデータを更新し、”今日はこの料金です。

と言って見せてくれます。

パソコン画面に出ている、当日のデータメニューと金額を

一つ一つのぞきこんで見るということは、できなかった!

私も、いいカッコしーなんですよねー

今思えば、私がその都度ちゃんと

確認さえすれば良かっただけのことかも・・・

よーく見て確認するというのは、お店を信用していないようで・・・

今さらできなかった。

これは、マンネリ化した弊害!とでもいうのでしょうかねー

 

「お流し」と「シャンプー」は違いますか?

最初に髪の毛を濡らしに、シャンプー台に向かいます。

「シャンプーしまーす」と言われて、「シャンプーはしてあるからねー」というと、

「じゃ、お流しだけしますね」とかえってきます。

シャンプーは毎日していて、美容室へ行く前日は特に整髪料もつけません。

 

シャンプー代の料金システムが?

シャンプーをしなかった日もシャンプー代金を、

自動的に支払っていた、という事実がありました。

これが、システム上そうなっているのか、

うっかりミスなのか私には分かりません。

 

水だけのお流しも、シャンプー剤やリンス剤を使ったシャンプーも

同じ料金をとる制度なのか?

レシートを見ると、シャンプー代として掲載されています。

 

はじめてレシートを確認してショック!

 

ある日、金額が何か変だなー?と感じて、

「レシート頂戴」と言ってレシートをもらってはじめて、疑問が湧きました。

大雑把な私ですが、お金のことだけはどんぶり勘定は嫌いです。

 

疑問を持ち始めてから2度、レシートをもらって確認したところ、

シャンプーをしなかった日の料金と、した日の料金が同じだったのです。

永い間信頼し、大好きなお店であり、

美容師さんであっただけにショックでした。

 

一旦疑問を持ち始めると、他にもと疑い始めキリがありません。

もうその美容室には、行けなくなりました。

 

選べる技術者がいないのに指名料?

美容室の話って、女性同士の間ではよくしますが、

友人と会話をしていて、今どき、他の美容室では、

指名料を取らないところが、多いらしいことを知りました。

 

銀座や表参道などの、有名店は別かも知れませんが・・・わかりません。

私が行っていた美容室では、指名料金とっていました。確か900円だったか?

 

選べない状況下で指名料?

技術者が大勢いて、大繁盛していた時代もあります。

しかし、今、全てできる技術者は、2人です。

2人しかいないのに、指名も何もないでしょう?

指名しなくても、その人に当たる確率は50%でしょ!

 

良き時代の制度を、そのままやっているの~?

怠慢ですよーそれは!

技術者を選ぶこともできない状況下で、

指名料を取るのは正直言ってどうかな〜って思うのです。

ま、指名の技術者を信頼していたので、

通っていた時は、一言も言ったことはありません。

というか、言えなかった!

マンネリ化が生んだお互いの損失

永年通い続けた美容室、信頼を寄せていただけに、

大切なことを口に出せなくなり、

疑問が湧き、とうとう行けなくなり、

大好きな美容室を失った私の悲劇のお話です。

 

高齢になると、きっと私みたいに、

相手に任せっきりの人が多いような気がします。

信頼はいいですが、マンネリは何れにせよ、

いつかダメージを喰らいますね。

お互いの損失しかありません。

髪の毛で試行錯誤した60代が一挙に目覚めた理由は?

 

タイトルとURLをコピーしました