スポンサーリンク

甘党止められない危険!血管ダメージが潜んでいる!

70歳の健康と暮らし
Red rose macro detail texture

甘いモノ止められますか?

スポンサーリンク

糖質の摂り過ぎがドロドロ血液に

最近、糖質の摂り過ぎが気になっています。

血液中の糖質が増えると、赤血球同士がくっつきやすくなり、

血液がドロドロになってしまうので危険!

という文言を眼にして、ハッとしました。

 

私、糖質摂り過ぎー!きっと!

甘いものがないと寂しくて・・・

特に食後には、ちょっと甘いもので締めくくりたい!

 

食後の甘いモノダメですかー?

甘いものを食べることで、今食べた口の中に残っている味が尾を引かなくなり、

サッパリするのです。

少しでいいので食べたい!

 

食事の最後に、というか、食器を洗って片づけが終わって、

一息お茶を飲む時に甘いものが、ちょっと欲しいのです。

 

お腹が満タンの時にまだ食べるのー?って聞こえそうだけど・・・

食べたいのですー💦

 

糖質過多=ドロドロ血液で血栓ができやすいのに!

血液中の糖質が増えると、赤血球同士がくっつきやすくなって、

危険だということ。

赤血球同士がくっつきやすくなると

毛細血管に血液が入れなくなるため、冷え症にもよくない

細胞に酸素や栄養、ミネラルが届かなくなるので美容上も良くない。

活性酸素をつくるのでシワやたるみにも、悪い影響を与えてしまいます。

 

血液がドロドロになってしまう弊害を、美容職の私は分かっている筈なのですが、

それなのに、甘いものをやめられません!情けない・・・

 

血液や血管にダメージを与えると

 

血栓をつくる要因は、甘いものだけではないですが、

ストレスも血圧を上げて血栓をできやすくしますし、

睡眠不足やタバコなど、身体にストレスがかかれば、

ドロドロ血液が発生しやすくなります。

今は、タバコを吸う方は、本当に少ないと思いますが。

 

高齢になると睡眠問題が課題

睡眠不足は、私たち高齢者にとっては、課題ですね。

寝つきが悪くなりましたねー

熟睡も、中々ですねー

睡眠の質が悪い!

ドロドロ血液をつくる要因はたくさんありますね。

 

1日30分のウォーキング

有酸素運動がいいようなので、

1日30分を毎日するといいと言いますよねー

通勤しなくなった今、毎日歩くということができなくなりました。

いえいえ、本当にしたいと思えばできることですが・・・

 

ふくらはぎトレーニング実施

 

せめて、自宅で血管トレーニングをと思い実践しています。

テレビで有名なスポーツドクターの先生が、

つま先立ちをするふくらはぎのトレーニングを、お奨めしてました。

それ以来、私はこれを毎日実践います。

 

つま先を立てて、グッと力を入れて立つと、

ふくらはぎの血管に、血液が流れることを実感できます。

 

糖質を制限することが、私の課題です。

ふくらはぎトレーニングと甘いものの制限をして何とか健康を維持しなくちゃ❣❢❣

高血圧の薬、一体いつまで飲み続けますか?

タイトルとURLをコピーしました