スポンサーリンク

私が選んだ手帳:1ヶ月見開きで薄くかさばらない、そして可愛い!

70歳の健康と暮らし

毎年の手帳探し、薄くかさばらない可愛いタイプを探したら、今年もこれになりました。

スポンサーリンク

私が手帳に求める要件はこれだけ

✽ 薄型であること

✽ バッグに入れても、かさ張らないこと

✽ 1ヶ月間の、見開きであること

手帳を開いて、感覚的に1ヶ月間が見渡せることが、私には大事です。

✽ 書き込み欄が、目いっぱい大きいこと

マスが小さいと、文字も小さく書き込まなければならず、不自由です。

✽ カレンダー以外のページは、できる限り無いこと。

ほとんどの手帳は、カレンダー以外の情報ページがたくさん含まれているため

ページ数が多くなっています。

✽表紙は可愛い系がいい

 

 

日本能率協会  ペイジェム手帳 マンスリー9 ホワイト2180

出版社:日本能率協会 ペイジェム手帳 マンスリー9 ホワイト2180

価格:780円

サイズ感:手のひらサイズ、文庫本より一回り小さいサイズ

表紙が、可愛いのも特徴だと思います。

スケジュール量により変わる手帳

 

仕事人間の頃に持っていた手帳は、厚くて重い、手帳カバーもつけていたので

一層かさ張るものでした。それだけの仕事量をこなしている頃は、そんな手帳が必要だったわけですね。この頃は、薄い手帳なんて考えもしませんでした

手帳って、その時期のスケジュール量によって、変わってくるものだなーって思います。

 

今は、楽に持てて可愛いタイプが欲しい

薄くて、ページ数も少なく、それでも多い分は切り取ってしまいますが・・・(笑)

今持ちたい手帳は、スタイリッシュなタイプではなく、仕事量に合わせた可愛いタイプですね。

可愛い表紙で、中身はシンプルが好きですが、

カレンダーと違って、必ずしもこれに決めているわけではないのですが、

結局、今の私に必要な要件だけのものは、これになってしまうようなのです。

来年度も、今年と同じこの手帳になってしまいました(笑)

表紙は、レース柄、毎年色が少しづつ変わっています。これも楽しみです。

 

 

比べると、こんなに違いますねー

こうしてみると、現役時代とは、求めるものが全く違うことに自分でも驚きます。

その時代その時代で、心地よいと感じるものが、変わってくるのだと思います。

定番カレンダーは超大サイズで見やすいもの

タイトルとURLをコピーしました