スポンサーリンク

大人の余裕を感じたトーク、ハッピー羽生結弦選手!

70歳の健康と暮らし

プロ意識とはこうゆうことか!と思った!

スポンサーリンク

見えていない処で成長していた羽生結弦選手

カナダで行われた、フィギァスケートのグランプリー、もう圧巻❣❢❣スゴイっとしか言えない!

4回転を軽々、気持ちよさそうに飛び続けている。軽々と、本当に軽々と!

キレ、スピード、リズム感、全てが他者を許さない圧巻の演技に、思わずテレビに大拍手を送った。

 

前日のショートプログラムで、1位に立ち…と、ここまでは毎回の場合、

高得点を取っているが、フリーでは今一つ残念ということも多かった羽生結弦選手でした。

今回フリーでは、3種類の4回転ジャンプを4回スムースに着氷した。

今回は、シュート、フリー全てで1位をとり、自己ベストの合計も322.59点初優勝を!ファイナルを含めるとGP通算11勝目となった。

敵なし演技の羽生結弦選手

動きがきれいで、スピード感があって、見事な演技力に見とれてしまった。

誰も寄せ付けない、全く別次元の力強い演技力に圧巻、テレビを見ていた私も自然に拍手喝采!

見えていなかった2年間も成長していた!

見慣れた羽生結弦選手の演技の筈だけど、今回も期待を裏切ることなく

大活躍してくれた。

どれ程の練習をしていたのだろうか?

 

人間的な成長を感じさせてくれたトーク

インタビューでのトークに、今回は変化を感じた。

これまでは、優等生ぶりのトークを感じたが、今回は心の余裕が感じられた!

 

肩の力が抜けて、自然な態度や会話を聞くことができた!

確かに成長したと言えるが、精神的なゆとりが芽生えているのでしょう。

それが演技の上でも、自然とパーフェクトな演技ができたのではないかと思う。

ハッピー羽生結弦選手!サンキュー羽生結弦選手!

とにかく私たちを、これほどまでに幸せな気持ちにさせてくれた選手です。

ハッピー羽生結弦選手!サンキュー羽生結弦選手!

 

女子若手も大活躍

紀平梨花選手が、3回転半・2回転トール―プなどを決めて、

フリーで148.98をマーク、合計230.33点で2位。

これも期待どおりでしたね。

 

15歳の若手選手が初出場で優勝

ロシアのアレキサンドラ・トルソワ、15歳がまたスゴイ!

軽々とジャンプを飛んでいた。

フリーで166.62点で1位 合計点は241.02初出場で優勝❣❢❣

 

15歳だった浅田真央ちゃんの、鮮烈なデビューの頃を思い出した。

15歳までに、わずか87日足りないという年齢制限で、トリノ五輪に出られなかった!まだあどけない笑顔だった。

 

若手がどんどん台頭してくる中、選手は大変だろうなーと思う。

オチオチ、ゆっくりしてもいられないでしょう。

筋肉低下をどう防ぐか?椅子代わりにバランスボール

タイトルとURLをコピーしました